国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

報道ニッポン 取材 リュージュ男子の事故死は予期できなかったのでしょうか・・・

『コースが怖い』



リュージュ男子の公式練習中に事故死した、グルジア代表のノダル・クマリタシビリ
選手が、

父親の電話で話していたそうです。

ご自身もリュージュの選手だった父親は、ノダル・クマリタシビリ選手にたいし

「足を下ろして減速しろ」と助言。

しかし、「一度スタートしたら、そのまま最後まで滑るよ」とノダル・クマリタシビ
リ選手は返答。



結果・・・



公式練習、

事故のあった日は他にも、壁に衝突して途中棄権するなどの選手が続出していたそう
ですね。



バンクーバーのコースは、最大で高低差が152メートル、時速150キロ以上のス
ピードが出る、世界でも有数の高速コース。

コース設定に、ミスはなかったのでしょうか・・・

最終的に、男子は女子のスタート地点、女子はさらに低い位置からのスタートに変わ
りました。

変わる事によって、最高時速は140キロ程度に抑えられたそうですが、それは、

やはり、コース設定と選手というより人間の操作できる域を超えていたのではないで
しょうか。

また、事故現場付近の第16カーブ出口の壁を、高く厚くしたといいますが、

それもやはり150キロの速度で通過する状態を甘く見ていたコース設定だったので
は?



雪が少なかったバンクーバーですから、色々なアクシデントはしかたないとは思いま
すが、

死亡事故は回避して欲しかったです。


oscar.coresv.com 評判の雑誌って? 取材商法 取材費 掲載料 国際通信社 現代画報社 国際通信社グループ 取材 取材 国際通信社グループ 現代画報 国際ジャーナル 国際ジャーナル タレントがインタビュアーになり取材します 取材 現代画報 大阪 報道ニッポン 商法 報道通信社 名古屋 民法 発行部数が3万部以上です 取材 国際通信社 報道通信社 国際通信社って 報道ニッポン 取材 取材 現代画報社 掲載料 東京 刑法
[PR]
by kokusai-journal | 2010-02-24 16:02