国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際ジャーナル 国際通信社 賞味期限切れ食品をどうしていますか?

以前、雑誌「現代画報」にて「食」をテーマにした特集が紹介されていたように記憶しています。

そして先日、ある新聞記事に「賞味期限切れ食品をどうしていますか?」という記事が載ってい
ました。独自でアンケートをとったようですが、有効回答数が315票あるうち、「食べる」と答え
た人が279票、「捨てる」と答えた人が36票という結果が紹介されていました。

「捨てる派」の意見では、「きっと食べられるんだろうけど何かあった時に文句を言えるところが
ないのは困る」「おなかを壊したら嫌だから」という理由でした。
「食べる派」の意見では、「少々過ぎていても気にしない」「もったいないから」「卵や生ものは
しっかり火を通せば食べられるから」などの意見がありました。

例えば、「生もの」に関しては賞味期限が切れてから何日くらいまで食べようと思うか・・・の
質問も紹介されていました。「3日」と答えた人が多かったのです。続いて「1週間くらいまで」
「1日まで」の順で結果が出ていました。
「保存食品」に関しては「1ヶ月まで」「半年まで」「1年まで」の順で結果が出ていました。

以前、あるテレビ番組でもたまたま「賞味期限」についての話が出ていたのを思い出しました。
「賞味期限が2~3日切れたシュークリームをあなたは食べますか」という質問があったのです。
私なら問題なく食べるのですが、「食べない」という人が数人いました。理由は「もともと
シュークリームというのは賞味期限が短いもの。そのようなものの賞味期限が切れている状態
はきっとよくないと思う」という意見が今でも頭に残っています。

基本的には「賞味期限を切らさないように」心掛けるべきなのでしょうが、ついつい期限を切ら
せてしまうのが私の悪いところなのです。気をつけなければいけません。



月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年3月号のご案内 | 現代画報社 取材 取材です 国際通信社グループ 取材します 掲載料 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 タレントがインタビュアーになり取材します 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 評判の雑誌って? 現代画報 発行部数は約3万部 国際ジャーナル 名古屋 東京 取材しました 商法 大阪 報道ニッポン 民法 刑法 現代画報は現代画報社から出版されています
[PR]
by kokusai-journal | 2010-02-26 12:39