国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

現代画報社 学校問題

3月19日、宮内庁の野村一成・東宮大夫は定例会見で、皇太子ご夫妻の長女愛子さまが、
学校生活への不安を訴えて十分に登校できない状況が続いていることに関する皇太子
ご夫妻のコメントを発表しました。

この問題では、天皇、皇后両陛下が、学校や他の児童への影響も懸念し「いずれかが犠
牲になる形で解決がはかられることのないように」との意向を示されています。
今回の会見で野村大夫は、皇太子ご夫妻も同様に考えられているとしました。ご一家は、
3月18日に皇居・御所を訪問し、両陛下との昼食を共にされました。訪問は、愛子さまの
希望だったそうです。

そして、皇太子ご夫妻のコメントは「愛子が学習院初等科をお休みしたことにつきまして、
国民の皆様にご心配をおかけしており、私たちも心を痛めております」とのことでした。
今回のことについては、学校で既に色々な対応策を考えていただいているところであると
いうことで、今後もよく相談しながら良い解決を見いだしていかけけばと思われているそ
うです。

国際通信社から発行されている雑誌には「教育」に関する記事が様々な内容で取り上げられ
ているように思うのですが、今回の愛子さまの件だけではなく、教育の場で子供が心に傷を
つけてしまうような状況が多々起きているような気がするのです。そのような時に今の時代
の教師は、どのような対応をされているのでしょうか。私の子供が現在、幼稚園に通園して
います。幼稚園内でトラブルがあり、私は担任に意見を述べたことがあります。しかしなが
ら、残念なことにその件について解決されたのかどうかというのは、うやむやな状態になっ
てしまっています。教師であるということは、授業だけではなく、子供のために良い環境作
りというのも課題になってくるのではないかと思うのです。


国際ジャーナル インターネットクチコミは詐欺?クチコミの判断法 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki 現代画報は現代画報社から出版されています
[PR]
by kokusai-journal | 2010-04-01 16:14