国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際ジャーナル ハートが目印

病院以外の場所での突発的な心停止。体験したことはもちろんありませんが、周りで見たこともないし知り合いにも居ません。でも、この突発的な心停止は一年間に約2~3万件も発生しているそうです。心停止になった場合、最も有効な救命措置はAEDを使用することです。AED、
どこかで聞いたことがあるかもしれません。AEDとは、Automated External
Defibrillatorの略で、心臓麻痺を起こした人に電気ショックを与え、心臓を正常な状態に戻す機械のことです。国際通信社のwebサイト異業種ネットにAEDに関する詳しい記事が載っていたので、興味深く読みました。それによると、AEDは専門的な知識や技術が無くても使用できるのだそうです。病院以外の場所で心臓麻痺を起こした人を救うため、駅や空港、映画館など人が集まる所に、このAEDの設置が進められています。救急車を呼んでいる間に、AEDを使えば、より多くの人たちを助けることができます。心臓への処置というと、素人が手を出すのは恐いような気がしますが、誰でも簡単に使えることはもちろん、電気ショックを与える必要がなければ電流が流れなくなっているので、間違った使い方をせずに済みます。しかも、子供や妊婦にも使用することができる、安全性の高い機械なのです。そのため、学校やスポーツ競技場などにも設置されるようになってきました。AEDを有効に使用するために大切なのは、基本的な救命措置です。声かけをしたり気道を確保したり。AEDだけに頼るのではなく、こうした措置が大変重要になってきます。自動車の免許を視u樔ト世垢觝櫃吠拔・靴燭海箸・△訖佑・任眤燭い里任呂覆い任靴腓Δ・・腺釘弔・發辰反閥瓩並減澆砲覆詁釮呂修鵑覆鳳鵑・覆い茲Φい・靴泙后・・€丘丘



国際ジャーナルの詐欺に関する記事 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki
[PR]
by kokusai-journal | 2010-04-10 02:18