国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際ジャーナル 牛丼値下げキャンペーン


牛丼チェーン「吉野家」を運営する吉野家ホールディングスは3月31日に、牛丼、牛皿全品
と牛鮭定職を4月7日~13日まだの1週間で110円値引きするキャンペーンを実施すると発表
しました。
現在、牛丼の並盛りが380円ですがこれが270円になり、すき家の280円を下回る値段になり、
一時的ではあるものの業界最安値となります。吉野家の値下げキャンペーンは、今年1月
にも行われました。それに続く2回目となります。

吉野家は、牛丼ライバルチェーンが価格改定による恒常的な値下げに踏み切る中、コスト高
などから値下げができず、大苦戦を強いられているそうです。業界最安値で集客力をアップ

したい考えだということですが、「キャンペーン前後の食い控えや反動減を招く」という
懸念も出ているということです。

牛丼チェーンでは、昨年12月にゼンショー傘下の「すき家」が牛丼並盛りの定価を280円に
値下げしたほか、「松屋」も320円に引き下げています。
その一方で、吉野家は米国産牛肉を使用してライバルよりもコストが高いことなどから、定価
を380円に据え置き、顧客離れを招いたのです。

雑誌「現代画報」でも取り上げられていた「不景気」。不景気だからこそ、昼休みや食事を
外で食べるのであれば「安いところへ」と考える人が多いでしょう。それが「デフレ」につな
がっているかとは思うのですが、牛丼の店が並んでいれば、もちろん「安いほうへ」となるの
ではないかと思います。新聞記事によれば、吉野家の2月の売り上げはキャンペーンの反動で
17.2パーセント減という結果が出ているとのことでした。せっかく手軽に美味しい物が食べら
れる店なのですから、今後も頑張っていただきたいと思います。




現代画報の飛躍 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
[PR]
by kokusai-journal | 2010-04-11 01:34