国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際ジャーナル これからの日本財政はどのように進んでいくのか






このところ、民主党政権における財政再建の話題
はそれほど大きく取り上げられていないと思います。国際ジャーナルでも、この問題については充分な検討をしてもらいたいところですね。特に国債の状況は心
配です。実際のところ
国債を持っていなければ関係がないというレベルではないのかもしれません。そ
れは
大間違いになるかもしれません例え
ば、
2001年にアルゼンチンが借金を返せなくなったときの例はどうだったでしょうか。このとき
は、
公務員の削減や銀行預金の封鎖などが行われました。もし日本で同じことがおきたらどうなるので
しょうか。とても大変な騒ぎになるのは間違いないとことです。
国民生活は大混乱に
陥ってしまうのではないかと心配です特に、
世界の金融は国境を越えて影響しあって
いますから、仮に財政不安が取りざたされるEU諸国のうち、 face="Times New Roman, serif">1カ国でも債務不履行に陥れば、世界経済全体が大きなダメージを受け lang="ja-JP">る事になるかもしれません。そのような話を聞いたことがあります。日本
大変ですが、世界各国の動向にも注意しなくてはいけないのかもしれませんね。特に経済についての話は難しくなりがちですが、このような内容については、国
際ジャーナルでもやさしく解説してもらいたいところですね。










現代画報を求めて 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています
[PR]
by kokusai-journal | 2010-04-14 01:36