国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

現代画報社 カンブリア宮殿。

昨晩カンブリア宮殿というテレビ番組を見ていた。有名なカレーチェーン「CoCo壱番屋」の創業者夫婦にスポットを当てた回であった。素人から飲食店を始め、オープンして3日目にして閑古鳥が鳴く始末。お客様のことを考えなかったためにカレーがぬるかったり、コロッケがこげてしまったりということがオープン時に続いたためだそうだ。それからお客様至上主義を徹底し、掃除を毎日入念にやり、クレームの改善を徹底し、今の地位を築き上げた。
同じ飲食店として、学ぶことが多かった。お客様のことを常に意識して考えていくことの必要性。お客様が気持ちよく、おいしく食べていただけるために常に精進すること。お客様目線で店内を見ることを忘れないこと。頭にはあっても常に実践はできないことばかりだった。掃除もつい怠るときがある。
現実にあそこまで大きなチェーン店にしたいとか思っているわけではないが、やはり自分の店もある程度の繁盛店にしたいという野望はある。成功者に学ぶことはとても大切だ。実際に店でもできそうなアイデアがいくつか浮かんだ。早速今日から実行したいと思う。そして夢は大きく、彼らのように上を目指すことにしよう。

国際ジャーナルと報道ニッポンと現代画報 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
[PR]
by kokusai-journal | 2010-04-16 01:54