国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際ジャーナル 取材 アマゾンが考えるこれからの読書の方法

最近では、インターネットや携帯電話で何でもできるようになってきて、とても
便利だと思います。ネット社会における経済の動向については、国際ジャーナル
でも取り上げて欲しいところです。ここ最近話題となっている、電子書籍につい
てですが、報道などをみているととても大きな盛り上がりになっている気がしま
す。このきっかけとなったのは何でしょうか。まずはネット書店最大手であるア
マゾンが提供している商品です。これはキンドルと呼ばれる商品です。3G通信
機能を備えた電子書籍端末としてアマゾンが力をいれていますね。キンドルの大
きな特徴は何でしょうか。まずパソコンを使わなくても、直接書籍を購入できる
点ではないかと思います。これは大きな特徴です。それから、一般的な携帯電話
のように通信料とコンテンツの料金が別になっているわけではありません。あく
まで、ネット上で書籍を購入するという形になっていることです。このような商
品が日本でも注目されるようになっています。ですから日本でもにわかに電子書
籍市場の盛り上がりが期待されているかもしれません。これからは、ネットから
ダウンロードした書籍をそのまま端末で読むのが普通の社会になるのかもしれま
せんね。





partner.sphere.sc 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています wiki
[PR]
by kokusai-journal | 2010-04-24 00:59