国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際通信社 盗作騒動を受けて日本では・・・

先日から上海万博PR曲の盗作騒動で、テレビや新聞をにぎわせています。
その騒動でにわかに注目を集めているシンガーソングライターの岡本真夜さんの曲は「その
ままの君でいて」です。これは、もうみなさんご存知だと思います。

万博事務局が事実上の盗作を認め、岡本さん側に楽曲使用を申請したことで、ひとまずは解決
したということを、テレビや新聞も報道していました。その一方で、日本では思わぬ特需に沸
いているといいます。

上海万博のPR曲「2010君を待っている」の盗作疑惑の震源地はインターネットなのだそうです。
香港紙などによると、4月中旬頃から「酷似している」「早急に差し替えろ」などの指摘や、
両楽曲が比較できる動画投稿が相次いで掲載されたそうです。4月15日付けのシンガポール紙が
「盗作の可能性が高い」とする専門家の分析を紹介しているようです。そこで一気に疑惑が
広まったということなのです。

日本では、13年前のヒット曲への関心が急速に高まっているようです。
岡本さんの所属レコード会社は、5月10日に岡本さんのベストアルバムの発売を予定していたそ
うですが、問い合わせが殺到したことで、当初収録されていなかった「そのままの君でいて」を
入れることが決定したということです。既に完成していた商品を破棄して、新たに作り直すこと
となり、発売を5月26日に延期したというのです。

13年前に人気を集めた曲が、今テレビの多くの情報番組で流れています。私も聞いたことがある
曲だったので「懐かしいなあ」という気持ちで聴いていました。みなさんは、どのような思いで
この曲を聴いていましたか。


yopの国際通信社 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
[PR]
by kokusai-journal | 2010-04-26 23:28