国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

現代画報社 取材 深い観光

深夜ダラーとテレビを眺めていたら、浅草キッドの二人がトルコ大使館でトルコの魅力を紹介する番組がやっていて、これが結構面白かった。世界三大料理って、中華、フレンチ、そしてトルコ料理なんですよね。いろんなトルコ料理も出てきたんですが、どれもこれも美味しそうでした。
野菜をベースにしてひき肉を使ったものが多かったです。トマト味にスパイスを効かせた感じ。イタリアンの原型とも言われているだけあって、オリーブオイルとトマト、チーズもたくさん使われてました。あと、ラクという水を注ぐと乳白色になるお酒、ちょっと飲んでみたいな。日本でも買えるんでしょうか。普通に売ってるのを見たことない。南仏にパスティスという同じような乳白色になるお酒がありますが、これもなかなか手に入らないようです。番組の中ですっかりトルコが気に入った浅草キッドの二人が、世界遺産もたくさんあるイスタンブールをじっくり観光しようと思ったらどれぐらい居ればいいですかね~?って質問したら、「3ヶ月はかかりますね」と大使館の案内嬢はニッコリのたまいました。イスタンブールだけで3ヶ月。。でも、よくよく考えてみれば、日本でだって、例えば今月の報道ニッポンで取り上げている「鹿児島」の魅力をじっくり味わおうと思ったら、結構時間がかかるのかもしれませんよね。特にその土地に愛着がある人にとっては、2泊3日とかの有名なとこだけチラッと見るだけのようなパックツアーでいったい何が分かるのか!と言いたくなる・・せ・舛亙・・蠅泙后F鐱椰佑離張◆宍劼・僂困・靴い里辰董・覿匹修Δい・緤佞靴・兒,靴覆い箸海蹐覆鵑世蹐Δ覆隼廚い泙后・發辰反爾・修旅顱・效呂鰺・鬚靴茲Δ箸いΦせ・舛蓮・嵯匹稜阿・蘋犬泙譴襪發里任垢茲諭B膩刃・戮鯀阿法△匹海惺圓・里任發修鵑糞せ・舛鯔困譴覆い茲Δ砲靴燭い發里任后・・・・・
報道ニッポンとの出会い 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
[PR]
by kokusai-journal | 2010-04-30 07:25