国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

報道ニッポン 携帯電話の利用はメールがトップ。利用方法では男子はゲーム・女子は多彩な利用

調査会社によって行われた中学生の携帯電話と生活実態に関する調査によると、携帯電話を保有・利用者において、携帯電話の使い道としてもっとも多くの人が挙げたのは「メール」で94.0%の利用率であった。「通話」の利用率は76.0%に留まって、「通話よりもメールメインの携帯電話の利用実態」ということが分かった。また、男女別では男子がゲームへ傾注している一方で、女子はマルチメディア系機能の利用が男子よりも多く、多種多様な使い道を果たしていることがわかった。今や携帯電話は名前があらわしている単純に「携帯する」電話では無くなっている。
多種多様な機能が搭載されている「多目的携帯ネット情報端末」という役割りを果たしている。通話のみならず、今の携帯電話は、ウェブサイト閲覧、メールの送受信、ゲーム機、音楽視聴端末、写真撮影カメラ、ワンセグ機能によるテレビ機能と多様な機能を持っている。このなかで、中学生によるトップの利用率は、上述した通り、「メール」で94.0%、以下、通話76%、写真撮影67.5%、音楽を聴く64%、ゲーム61%と続く。男女別では、通話がほぼ同じ利用率で、ゲームをする以外、他は全て女子の利用率が男子を上回っていることが分かった。ハードの使いこなしによる利用率は男子が高いという常識は成立しなくなっています。



月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年4月号のご案内 | 現代画報社 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki
[PR]
by kokusai-journal | 2010-05-06 22:37