国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

現代画報社 エコなボトルが登場予定

「エコ」が世界中で注目されている今、環境に負担の少ない容器や梱包材を使用する動きが日本でも広まっているようです。なんでも、5月18日にキリンビバレッジが発表したことに寄ると、国産の2リットル入りのペットボトルとしては最軽量の35グラムの飲料容器を開発したのだそうです。ということは、その分エコにつながるというわけか。アルカリイオン水のボトルに10月から採用予定だそうですから、エコが気になっている方は、ミネラルウォーターを購入するならアルカリイオン水に切り替えると良いかも?!さらに大手化粧品メーカーの資生堂では、植物素材のサトウキビを原料にした樹脂製の化粧品容器を来年度から採用する動きになっているのだとか。すごーい、そんなサトウキビを原料にした容器なんてあるのかと、一般人としてはただただ感心するばかりです!地球の健康のため、子供たちの未来のため、これから産まれてくる子供たちのためにも、エコに目覚める人たちが着々と増え続ける中、こういったエコ商品は消費者のニーズに合っているのかもしれませんね。どこのメーカーも同じような商品を作っている今、エコを武器に他社に差をつけたいというのが本音でしょうか。

国際ジャーナル インターネットクチコミは詐欺?クチコミの判断法 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット wiki
[PR]
by kokusai-journal | 2010-05-24 22:41