国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

現代画報社 寝相で性格判断

 寝相で性格がわかるそうだ。大の字だと開放的で自分に自信があるとか、足を少し曲げて横向きで眠る人はバランス感覚があって、ストレスを感じすぎないなど。私はほとんどうつぶせである。目が覚めると息苦しい。眠るときは大の字なのに、なぜか朝起きるとうつぶせになっているのだ。ストレスなどを感じているときは確かにちいさく丸まって寝ていることが多い。
 最近になってやたらと眠いのだが、寒いからなのか疲れているのか。眠りの重要性も最近とみに感じる。若いころは遅くまで起きていて、朝だらだらと眠っていても元気いっぱいだったが、最近はそんな寝方をしていまうと疲れが取れず、一日体調が悪くなってしまう。きちんと毎日同じ時間、同じ時間数眠るのが一番良いのだろうが、なかなかそうもいかない。
 最近は三時間睡眠なども流行っているが、果たしてどうなのだろう。知り合いが挑戦してみたそうだが、やはり眠くなってしまって辛かったと言っていた。なれてくればそれもいいのだろうか。仕事で疲れ果てて睡眠3時間という経験はしていたことがあったが、包丁を持ったまま寝てしまったことが多々あった。やはり睡眠は大事である。
 最近は眠る前にアロマランプをたいたり、穏やかな音楽を流したりしている。これはとても効果がある。朝しっかり起きて活動することができるのが何より効率が上がると思う。

games.awe.jp 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
[PR]
by kokusai-journal | 2010-05-26 22:40