国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

現代画報社 ドラえもんの世界が・・・

みなさんの子供時代そして子供を育てている人で、「ドラえもん」を見ているという人は
どれだけいるでしょうか。私は子供の頃にテレビで毎週見ていたのですが、今は声優さん
たちが代わったものの、人気は絶えることがないようです。
大人になってから「ドラえもんのあの道具があれば・・・」と思う人は多いかもしれません。
ドラえもんがポケットから出す道具は、本当に面白くて夢のあるものがあると思います。

そのドラえもんのひみつ道具を現代科学で体験しよう・・・というイベントが東京都で
行われるのだそうです。東京都にある日本科学未来館というところで行われるということ
です。

多くの人に親しまれるドラえもんとその道具を通じて、科学に興味を持ってもらおうと、
この未来館が大学の研究所や企業の協力を得て企画し、展示では、ひみつ道具に近い機能
を発揮する現代技術で触れられるというのです。

代表的な道具として「タケコプター」があると思うのですが、長野県の企業が開発した重さ
約75キロ、時速は10~40キロで飛ぶ世界一小さい1人乗りヘリコプターを紹介しました。
また「ほんやくコンニャク」として、従来の翻訳機では難しかった方言や不規則な言い回し
を判別して翻訳できる翻訳機を実際に使えるのだということです。

今、幼い子供が大人になった時、日本はどのように技術が発達しているでしょうか。以前、
雑誌「現代画報」でも紹介されていた「携帯電話」。この携帯電話も私が子供の頃には考え
られなかったものでした。日本の未来の技術、本当に楽しみですね。そして、ドラえもんに
出てくるようなものが当たり前のように店で販売されているかもしれません・・・。


movies.weblog.tc 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki 経営者の為の異業種ネット 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
[PR]
by kokusai-journal | 2010-05-27 23:35