国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際通信社の月刊経営情報誌・現代画報 初めから"穴"が開いた靴下に意外な効果があって評判

最初から"穴"が開いている靴下が発売されて好評であるという。その商品は「N-platz(エヌプラッツ)フットカバー オープンソール」(メンズ1050円~/3種類)。靴下を履いていて、困ることに着用中に靴の中に巻き込まれて中に入っていったり、ずり落ちてくることである。ところが、穴が開いていると、靴下を履いた時に「かかと」や「つま先」が引っ張られる力が分散されて、この問題が防げると言う。しかし、この穴は靴下の底の部分に大きく開けられるために、日本のような靴を脱ぐ機会が多い生活スタイルでは、みっともなくて履くことが憚れる商品です。
家庭では問題がないが、他人との一緒の場では、利用価値は低くなる。これを開発した会社は、相当なPR費用をかけて効能を訴求しないと普及させることは、まず無理であろう。履いて効果を実感した人の口コミでなかなか厳しいであろう。しかも、口コミされた人が、また口コミをするかは、やや疑問に思われる。確かに、既存の靴下にはデメリットがあるが、絶対に我慢ができないものでもないし、この靴下を履くことで、プラスアルファのメリットが出る訳でもない。ごくマニアックな範囲での人気商品にとどまるのではないだろうか。よく発売に踏み切ったと思われる。




現代画報 wiki 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
[PR]
by kokusai-journal | 2010-06-06 21:49