国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

現代画報社の現代画報の特集記事 自らの命を絶つ人が増加

内閣府は6月11日に2010年版「自殺対策白書」を発表したと、新聞に取り上げられていました。
それによると、昨年の自殺者は3万2845人で12年連続で3万人を超えたのだそうです。
とても心が痛む、悲しい数字だと思います。

白書では、宮崎県のインターネットを活用した相談事業など、地域の先進事例16件を紹介して
いるそうで、自殺死亡率を減少させた「自殺対策の先進国」としてフィンランドを紹介して
いるということです。

この白書、2007年から発表していて今回が4回目です。政府は今年2月の自殺総合対策会議で
「いのちを守る自殺対策緊急プラン」を策定して、国および地方による積極的な施策が必要
だとしています。

政府は、自殺の原因・動機で最も多い「健康問題」について、「かかりつけ医のうつ病対応
向上研修」などを実施してきたそうです。ただ、現在の自殺をめぐる厳しい状況を踏まえて
緊急プランでは新たに「うつ病の診察技術向上」「精神科医と救急医の連携強化」などを
打ち出しているということです。

健康問題についての自殺、そして現代画報でも取り上げられていた「不景気」「介護」を理由
に自ら命を絶つということもテレビや新聞で目にします。自らの意思で命を絶つというのは
とても悲しい出来事です。思い悩んでのことなのです。周りに力になる人がいれば・・・。
そう思いませんか?景気がよくなってくれたら・・・そう思います。


占いジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報) 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki
[PR]
by kokusai-journal | 2010-06-12 00:38