国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

現代画報社の現代画報の特集記事 「きな子」が映画に

実話を元にした見習い警察犬と訓練士の物語が映画になったそうです。
タイトルは「きな子」です。この映画の舞台あいさつが6月10日に、東京都内で行われまし
た。出演した女優さんや俳優さんが作品について舞台上で語りました。

ちなみに、実話の「きな子」は香川県の丸亀警察犬訓練所に所属するラブラドール・レト
リバーです。テレビや新聞でも取り上げられるほどの人気者です。
警察犬の試験で6回挑戦しているのですが、すべてが残念なことに不合格という結果です。
訓練晦で障害物を越えられず、顔面で着地したところを地元テレビ局に放映されて人気
を集めるようになりました。

映画では「きな子」と共に警察犬訓練士を目指す主人公の女性を演じた女優さん。「自分自身
も成長できた。思い出深い作品になった」と話していました。

毎年、警察犬の試験の様子がテレビで放送されます。訓練士の女性と日頃の訓練の成果を
出そうと頑張っている様子が伝わってくるのですが、毎年毎年不合格です。
きな子はどのような思いで不合格の結果を聞いているのでしょうか。訓練士の女性は
「来年も頑張ります」というような抱負をインタビューで語っていたように思います。
目指すは警察犬ということですが、きな子の表情を見ていると、何とも愛くるしい表情を
しています。失敗しても憎めないきな子、多くの人から愛されているきな子。
いつの日か、警察犬として国の役に立つときがくるのでしょうか。
私も、きな子を応援し続けています。


報道通信社の報道ニッポンの民法商法を読む wiki 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています
[PR]
by kokusai-journal | 2010-06-13 00:25