国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際ジャーナルと現代画報の特集記事 何を尊ぶか

捕鯨の是非について、国際ジャーナルのコラムに記事が載っていますね。捕鯨問題を考える上で、頭をよぎるのは、上映するかしないかで話題になった映画「ザ・コ-ヴ」のことです。「ザ・コーヴ」は、和歌山県太地町で行われているイルカ追い込み漁を野蛮で残酷な行為であるという姿勢から撮ったドキュメンタリー映画。なんと2009年度第82回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞しているんですよね。観ていないから否定的なことは言えないけれど、アカデミー賞はびっくりです。非常に恣意的な、鑑賞者を一つの思想へ誘導する(魅了する)構成・編集によって、「ザ・コーヴ」が映画としての成功を収めたわけです。でも、シー・シェパードがこの映画が撮られる前からイルカ漁の隠し撮りを行っていたことや製作に深くかかわっていたこと、太地町のイルカ漁師や警察関係者の顔が無修正で上映されたことで、この映画はイルカ保護の問題よりも、言論・表現の自由を争う問題にまで発展してしまいました。捕鯨問題も、環境、食糧、海洋学に展開するのは理にかなっていますが、どんどん論点が極端な方向に向いていく危険性は常につきまとっ・・討い襪噺世┐襪任靴腓Α・議召箆叩・澆鮨・戮觸・靴・気・覆辰討癲・朕妖、砲亙未砲・泙錣覆い掘▲ぅ襯・呂・錣いい・蘓・戮覆・討發いい・覆箸盪廚い泙后・任癲・燭鯊困屬里・録佑砲茲辰胴颪砲茲辰動磴ぁ∪簑佚、平人・魄譴弔了・櫃傍瓩瓩襪里脇颪靴い里任后・・・・・・
経済情報誌 報道ニッポン 2008年12月号のご案内 | 報道通信社
[PR]
by kokusai-journal | 2010-08-05 22:19