国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 久慈川の流氷

奥久慈・・・


茨城県の観光名所の「袋田の滝」がある場所として有名なところです。



「袋田の滝」



日本三名瀑のひとつに数えられていますね。

高さ120m、幅73mの大きさを誇り、大岸壁を四段に流れることから、別名「四度の滝」とも呼ばれています。



私も数回、袋田の滝に訪れた事があります。

袋田の滝へ続く一直道には、川を横目に店が立ち並び、アユの塩焼きを堪能♪



四季折々、美しい景色を眺める事ができますが、冬のこの季節に見るできる凍結した滝は本当に神秘的です。

その凍結した滝を、ピッケル片手にアイス・クライミングを楽しむ姿も!

今年はというより、今!凍結しているみたいです。

今週は暖かくなる予報なので、凍結が見られるのは、今日明日が勝負なようですが・・・



そして、「袋田の滝」がある、大子町の久慈川で、流氷が今年もみれるそうです。



流氷と言えばオホーツク海の流氷を想像しますし、川で流氷?と考えてしまいますが(笑)


久慈川の流氷は「シガ」と呼ばれ、冬の名物。

久慈川では、-3.5℃になると現象が起き始めます。

夜に川底でつくられた氷が、朝になり水温の上昇とともに水面に浮いたものがシャーベット状の氷が流れてくる。
これが、「シガ」です。

ですので、オホーツクで見るがっちりと硬い流氷とは少し違います。



シガと聞き、地方の言葉かと思いきや・・・



たしかに地方の言葉なようですが、日本人ならば誰もが知っている、あの歌の歌詞にも歌われている言葉なんです!



春になれば シガこも解けて
どじょっこだの ふなっこだの
夜が明けたと思うべな



そう!「どじょっこふなっこ」の最初の歌詞。

シガこも解けてです(笑)



面白い発見でした!!!

現代画報を求めて
[PR]
by kokusai-journal | 2010-08-21 10:52