国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル イチローがアメリカの公共番組に!

今の日本で、野球界のヒーローと言えば「イチロー」を思い浮かべる方が殆どではないでしょうか?アメリカに渡ってもなお活躍し続ける姿は、現在リトルリーグなどで頑張っている野球少年の夢を広げていると言っても過言ではなさそうですよね。そんな「イチロー」にアメリカの公共テレビPBSが9月28日、29日にイチローの活躍を中心とした、近年の大リーグの歩みを描いたドキュメンタリー特別番組「10番目のイニング」を前編、後編に分けて放送することにしたのだそうですよ。というのも、アメリカの野球界は近年暗い影が立ち込めたりしているからだそう。なんでも、薬物使用や薬物使用疑惑、ストライキなど、暗いニュースばかりなのだとか。そんな中、野球にひたむきに取り組んでいる我らがイチローの真摯な姿を撮ることで、メジャーリーグ選手の本来あるべき姿を改めて探ろうという内容なんだとか。確かに、イチローといえば真面目な野球選手という感じがしますよね。その番組で映像を編集したケン・バーンズさんは試写会で、「イチローの魅力は規律の正しさにある」と話されていたそう。もちろんイチロー本人はメジャーリーグで10年連続200安打、日米通算で3500安打の二つの偉業達成に向けてがんばっているそうで、インタビューでも「野球というものは僕自身を作り上げてくれるもの」などと語っているそうですよ。

現代画報を見つけて
[PR]
by kokusai-journal | 2010-09-13 22:42