国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 中3少女が詩をコピペし受賞していた 

第19回「詩と思想」新人賞に選ばれた、秋田市の中学3年生の女子の保護者が、

盗作での受賞だったとして、賞の取り下げをしていました。

新人賞受賞について地元紙が中3女子に取材をを希望したところ、様子がおかしくな
り、

その後、保護者に対し盗作をしたことを話したことから、盗作が発覚したといいま
す。



そして、今回、他に受賞した賞についても、盗作であったことを認めたそうです。



中1からの応募数だけでも50以上はあるとみられていて、選考途中まで10作品、

入賞数は24作品もあったそうです。



また過去に受賞した2作品について、「ネット上の作品と酷似している」とのこと
で、

保護者が賞の取り消しを申し出たとのこと。

もしかしたら保護者は、中3女子の盗作を以前から知っていた可能性もありますよ
ね。



作品は中学校経由での応募ではなく、中3女子が個人的に応募していましたが、

賞を受賞すると中学では朝礼などで、中3女子の受賞報告を他の生徒たちに向けて、

おこなっていたそうです。

その報告全てが嘘、盗作による受賞だとは、中3女子は大きな失点を犯した気がしま
す。



間違ってやってしまったというレベルではなく、ある意味、癖になっていましたよ
ね。

例えるならば、放火犯が放火を繰り返してしまうのと、同じ感じに思えます。


press-blog | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
[PR]
by kokusai-journal | 2010-10-24 20:09