国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 出産育児金を上回る出産費用

厚生労働省は10月13日に、社会保障審議会の医療保険部会で出産費用の
全国平均が47万3626円に上るとの調査結果を発表したということです。
先ほどの出産費用の全国平均は平成22年8月時点の費用だそうです。
現行の出産育児一時金は原則42万円で、本人負担が5万円上回る実態が
明らかになったのです。

調査は各都道府県の国民健康保険団体連合会に申請された正常分娩に伴う
請求書5万3192件を集計したものです。下位25パーセントの平均費用は
42万5955円でした。最も平均費用が高かったのは東京都の56万3617円。
神奈川県、栃木県、そして宮城県の3県も50万を超えたそうです。
一方で、最低は鳥取県の39万1459円で、続いて熊本県の40万6439円
でした。この数字から地域格差も顕著になったのです。

この出産育児一時金は平成21年10月から22年度末までの暫定措置として、4万
上乗せされて42万となっています。13日の部会では、42万円の恒久措置化を
求める意見があった一方で、38万に戻すべきとする声もあがったようです。

雑誌「現代画報」でも以前に「出産」や「育児」に関する記事が載っていたように
思います。お金が欲しくて子供を産もうと思う人というのは少ないように思います。
一時金でかなりの金額をもらったとしても、育児中にかかる金額というのが相当な
ものになるのです。今の不景気の状態が改善されない限り、「子供がほしい」と
思う人が出産をするとは思えないのですが・・・。


国際ジャーナルへの思い
[PR]
by kokusai-journal | 2010-10-27 23:48