国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際通信社 月刊 キムタク、今度は南極に挑戦。

SMAPのキムタクといえば、最近では映画のヤマトで注目を浴びていますが、キムタクはほかのドラマの撮影に挑んでいるようです。なんでも、キムタクが挑戦するのが、あの超有名ドラマ「南極物語」。TBS開局60周年記念連続ドラマとして、南極大陸~神の領域に挑んだ男と犬の物語(仮)というドラマが10月から放送予定だそうで、そのドラマの撮影に挑むことになった模様です。南極の犬のドラマといえば、タローとジローを思い浮かべちゃいますが、人間も苦しんだんですね。今回のこのドラマは昭和30年代に南極にわたって、世界初で現地で1年を過ごした南極越冬隊とその隊が飼っていた樺太犬の絆の物語なんだそう。キムタクの役どころは、越冬隊の副隊長で、地質学者&樺太犬の世話係。越冬隊はなんと、-50度、風速100mのブリザード吹き荒れる接近不可能と言われた場所に、昭和基地を建設し、樺太犬が犠牲になりながらも越冬に成功するのだそう。けれど、せっかく生き残った樺太犬15頭を南極に置き去りにせざるをえなくなる事態に陥り、1年後に南極に戻った副隊長が、生き残っていた兄弟の犬、タロとジロに再開という感動のドラマとなっています。10月が楽しみですね!

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
rich.geo.jp
[PR]
by kokusai-journal | 2011-01-24 22:33