国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際通信社 月刊 降雪割引実施中の水族館

新聞に載っていた記事なのですが、青森市浅虫の県営の水族館で行われている
「降雪割引」が人気となっているようなのです。

前日の降雪量に応じて入館料を割り引くサービスなのだそうですが、初の3割引
となった1月23日には家族連れなど700人以上もの人が来館したそうです。
日々除雪に追われている人々も、その日だけはそんな悩みを忘れてイルカショー
などに歓声を上げたそうです。

冬季の来館者減少対策に始め今年で5回目だそうです。気象庁の発表を基に
青森市街地の降雪10センチごとに1割割り引くことになっているようです。
これまでは2割引が最高だったそうなのですが、1月22日は青森市内の積雪が
5年ぶりに100センチを超えて、降雪量も33センチになったそうです。

水族館側は「除雪に苦労している来館者に明るい話題を提供できたと思う」と
新聞取材で話していました。
雪がなかなか降らない地域に住んでいる人たちにとっては、あまりピンとこない
かもしれません。私もそのうちの1人なのですが、除雪作業というのはかなり
つらいということを親戚から聞いたことがあります。
体力的にも精神的にも疲れている中で、ほんのひとときでも楽しい時間を過ごす
ことができたら、こんなに嬉しいことはないですね。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報 時計をあげる詐欺/現代画報社
[PR]
by kokusai-journal | 2011-01-26 23:22