国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際通信社 月刊 インフルエンザ感染者が倍増

新聞に載っていた記事なのですが、国立感染症研究所が1月28日に、
全国約5000医療機関を対象にしたインフルエンザの定点調査で、
1月17日~23日の新規患者数が1機関当たり26.41人となり、
3週間連続で倍増したと発表しました。

全国の推定患者数は約149万人という数字が載っていました。
過去3週に検出されたウイルスは、新型インフルエンザが約85パーセントを
占めていて、残りは大半がA香港型だったようです。

都道府県別に見ると、宮崎県が64.49人で最も多いというデータが
出ていました。続いて沖縄県の63.17人、福岡県の48.97人という
結果が新聞に載っていました。

インフルエンザに関しては、以前に雑誌「現代画報」にも載っていたように
記憶しています。みなさんの周りでもインフルエンザに感染した、という人が
増えてきてはいないでしょうか。私の娘が通う幼稚園では、年長クラスで3人、
年少クラスで1人感染した園児が出ているようです。「すぐに広がってしまう
のでは」と多くの保護者は不安を隠せない状況です。ちなみに、この人数は
1月下旬での話です。
予防対策を徹底にしている家庭も多いと思いますが、それでもインフルエンザ
ウイルスというのは、しつこいですね。感染しないことを祈るだけです。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
発刊が楽しみな報道通信社の報道ニッポンへの思い
[PR]
by kokusai-journal | 2011-02-03 22:35