国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 国連のリビア情勢への動きについて

国連安保理ではリビアに対する制裁を検討していますが、今後の中東情勢におけ
る影響について気になるところです。英仏を中心に作成したリビア制裁 決議草
案が、全理事国に配布されています。内容としては、制裁対象としてカダフィ大
佐や一族、側近など、リビア国民に対する武力弾圧に関与が深い とされる上層
部約20人の個人名を挙げています。対象人物については、資産凍結や国外渡航禁
止などを盛り込んだ内容となっています。さらに、人道 に対する罪で国際刑事
裁判所に訴えることや、リビアへの武器禁輸措置なども含まれた厳しい内容と
なっています。今後の動きに注目です。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報 広がる少子化問題 現代画報社
[PR]
by kokusai-journal | 2011-03-03 00:33