国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 有名人の薬物による逮捕

2月25日の夜に、逮捕状が出ていたタレントの小向美奈子さんを覚せい剤取締法
違反の疑いで逮捕したと、新聞記事に載っていました。
1月下旬にフィリピンに出国していたそうなのですが、2月25日にマニラから
成田空港に帰国して、その後に逮捕されたそうです。
今後、どのような状況になるのでしょうか。
以前、雑誌「現代画報」にも「薬物」に関する記事が載っていたのですが、
芸能人の薬物による逮捕、テレビや新聞では報道されていないかもしれませんが
一般人による薬物の逮捕。簡単に手に入る世の中。
いったい、どうなっているのでしょうか。
この世からなくならないものなのでしょうか。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
経済情報誌 報道ニッポン 2009年2月号のご案内 | 報道通信社
[PR]
by kokusai-journal | 2011-03-06 00:20