国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

報道通信社とは ガスパン遊び、16歳死亡

愛知県みよし市三好町の県営東山住宅で、16歳のアルバイト少年が

携帯コンロのガスを吸引し意識がないと、母親から119番に通報があり、

病院に搬送されましたが、間もなくガス中毒で死亡。



ガスパン遊びとは、ガスを吸引するのですが、覚せい剤吸引と同じと

いってもよい行為で、携帯コンロのガスをビニール袋に入れて吸引すること。



ガスパン遊び、一見、面白そうな遊びのように聞こえてしまいます。

もう少し、危険な表現のできる名前に、変えるべきではないでしょうか・・・




国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルとの巡り合い
[PR]
by kokusai-journal | 2011-05-04 16:57