国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

報道通信社とは イノシシが出没

5月2日のお昼頃に、広島市中区の路上でイノシシが歩いているのに通行人が気付いて
警察に通報したそうです。
このイノシシは近くにいた1歳の男の子とその子の母親、捕まえようとした男性警察官
4人の足をかんだり体当たりするなどしたそうです。みなさん軽傷ですんだそうです。
警察の発表によると、このイノシシは体長が約1メートルだそうです。近くの川を泳ぐ
などして逃げたそうですが、約4時間後に見つかったところで殺処分されたそうです。
「動物」に関する記事が国際通信社から発行されている雑誌に様々な内容で載っていると
思うのですが、昨年も熊やイノシシやサルなどが街中に出没したというニュースが大きく
報道されました。今年もやはり自然に餌がなく、街中に出没するのでしょうか。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年9月号のご案内 | 現代画報社
[PR]
by kokusai-journal | 2011-05-05 10:37