国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

ザヒューマン 月刊誌 海や魚介類、放射性物質調査拡大させる

福島原子力発電所事故対策統合本部、海水中の放射性物質や魚介類への影響につい
て、

調査の大幅拡充を決めました。



海水の採取については、現48地点から105地点へと倍増し、魚介類の調査対象に

沿岸だけではなく、回遊魚にも範囲を広げ、漁期が続く12月まで行うそうです。



これ以上、悲しい調査結果にはなってほしくはありませんが、海がの放射性物質に

汚染されていることは間違いない。

的確な調査で、敏速な判断をお願いしたいですね。




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
経済情報誌 報道ニッポン 2008年12月号のご案内 | 報道通信社
[PR]
by kokusai-journal | 2011-05-08 00:46