国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際ジャーナルから 1号機のメルトダウン認めた

東京電力福島第一原子力発電所1号機は、原子炉内の核燃料のほとんどが溶融し、

高熱で圧力容器底部が損傷した問題。



直径数センチ程度の穴から、水が漏れていると発表しました。

溶融した燃料というのは、圧力容器の底部にたまっていると見られていて、

この状態が核燃料の「メルトダウン(炉心溶融)」。



とうとうメルトダウンが確認されました。

状態がいいと言われていた1号機。

それは見た目でごまかし、メルトダウン状態であることを、伸ばしのばしにして

いた気がします。




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年7月号のご案内
[PR]
by kokusai-journal | 2011-05-14 10:32