国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

ザヒューマン・バンド 浜岡原発、停止でも去らぬ危険=電源喪失なら「福島」化も

中部電力が浜岡原発の停止をはじめましたね。



東海地震震源域のほぼ中央にあるため、極めて危険との指摘を踏まえて決断

された浜岡原発の停止。



しかし福島第1原発4号機は津波で冷却用電源を失い、運転停止中で燃料棒が

冷温停止状態だったにもかかわらず爆発しました。



これは浜岡原発でも、停止後に津波の直撃を受け、制御不能に陥ることは想定

できますので、運転を停止したからと危険がなくなったわけではありません。



堤防高くしたら再開可能と管政権は言っていますが、それを待つのではなく、そ

れまでの間に新しいエネルギーの開発に着手してください。




国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社
[PR]
by kokusai-journal | 2011-05-22 11:14