国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

ビジネスに必須アイテム 国際ジャーナル 消費者態度指数

新聞に載っていた記事ですが、内閣府が5月16日に発表した4月の消費動向調査に
なると、今後半年判の暮らし向きなどについて消費者の見方を示し消費者態度指数が
前月と比べて5.5ポイント低下の33.1となって、3か月連続で前月を下回った
そうです。震災の影響が消費者心理に色濃く残ることが改めて鮮明になったという
ように新聞に書かれていました。
震災の影響、また国際通信社から発行されている雑誌にも載っていた「不景気」の影響、状況が悪くなっているのでしょうか。
私にはそのように感じ取れました。雇用の問題や生活の問題など、問題は山積みだと
思います。政府はどのような対応をするのでしょうか。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
bus.gob.jp
[PR]
by kokusai-journal | 2011-05-26 03:02