国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

ザヒューマンのテレビ取材 枝野官房長官、拡散予測図は菅首相に上っていないと…

枝野幸男官房長官が福島第1原発事故発生直後、3月12日に放射性物質の

拡散を予測する、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム、通称

SPEEDIの予測図が首相官邸に届いていたことに関して、「担当者にファクス

が来たが、そこで止まっていた」と述べました。



菅直人首相に届かず担当者で止まってしまったのも、おかしな話ですが、

たしか地震以降の10日間は、SPEEDIのデータが取れなかったと言って

いましたよね?



結局、菅首相が予測図を見ていなかったことを強調したかったのかも

しれませんが、まったくもって意味のない発言ではないでしょうか。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
press-blog.org | 現代画報 | 現代画報社
[PR]
by kokusai-journal | 2011-05-28 11:45