国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際ジャーナルと職人 食品の安全性のアピールが必要だ

放射能に対する心配が広がっていますが、築地市場の卸売り業者によって、今回
の震災や東京電力福島第一原子力発電所の事故で、価格が下がるなどの 影響が
出ている海産物や農産物の安全性をアピールしようという取組が行われていま
す。これはとても重要な動きではないかと思います。各地の海産物 や農産物が
販売されて、その安全性がアピールされています。マスコミを含めて、しっかり
とした情報がいまこそ求められていると感じます。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報で読み解く
[PR]
by kokusai-journal | 2011-06-05 10:27