国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際通信社の国際ジャーナル 就職難なのに・・・

公務員といえば、昔から「将来安泰」と言われている職業だと思います。専門学校などで
も「公務員講座」のようなものがあると聞いたことがあります。雑誌「現代画報」でも紹介
されていたのが「不景気」です。この「不景気」の影響で、職を失い、生活が変わり、仕事
がなかなか見つからないという人が多いと思います。多くの企業が新卒を見送るという記事
を、以前に新聞で目にしたことがあります。
「不景気」というのは恐ろしいものです。人を変え、人の人生を変え、時には命を奪うこと
だってあるのです。「景気が回復しつつある」というようなことをテレビニュースや新聞で
見たことがあるのですが、私自身には実感ができないというのが現状です。少しでもいいの
で、実感できるくらいに景気が回復してほしいと毎日思っています。




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル インターネットクチコミは詐欺?クチコミの判断法
[PR]
by kokusai-journal | 2011-06-08 23:10