国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

ザヒューマンとビジネス誌 社会保障の抑制を考えてみる

社会保障費の抑制策としてこれから考える必要があると思います。例えば、高所
得者に対する年金支給額を減額することは効果的でしょう。医療機関の 受診者
に診療費とは別に100円程度の負担を求めて、それを財源に高額の医療費がか
かる患者の負担を軽減する制度を導入する必要もありそうです。 70歳から
74歳までの高齢者の医療費の窓口負担を現在の1割から2割に引き上げること
も、これからは検討されるかもしれませんので注目したいと 思います。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
あゆみの取材で・・報道通信社
[PR]
by kokusai-journal | 2011-06-16 18:51