国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

心のふるさとで読むザヒューマン 「二十四の瞳」のミュージカル

小豆島を舞台にした壺井栄の小説「二十四の瞳」のミュージカルが、島内2会場で3回上演されるそうです。
「岬の分教場」の子どもを演じる県内の小中学生21人の中には、福島原発事故の影響で福島県から家族で
移って来た11歳の女の子もいるそうです。その女の子は「島の言葉を上手に話せるようになった」と話して
います。このミュージカルを頑張りたいと新聞取材で話していました。
「二十四の瞳」は、有名な小説です。家に本があるという家庭もあるのではないでしょうか。
活字を読んで感じることと、子どもたちが演じるミュージカルを見て感じるものというのは違うかもしれません。
本番に向けて一生懸命練習している子どもたちだと思います。
ぜひ、本番は練習の成果を十分に発揮してほしいですね。


企業家同士で名刺交換がサイトでできるとザ・ヒューマン 月刊誌で紹介されていました。ビジネスへの次の一歩として気になるサイトです。
そのため、情報にはとても敏感でなくてはならないため、最近ではインターネットが手放せない状態なのだとか。
雑誌『報道ニッポン 時事』は、創刊以来、企業経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
手紙を読んでみると報道通信社 報道ニッポンの雑誌に掲載されていた取材記事を元に旅した所、旅行を楽しむこと事が出来たそうです。
雑誌、リーダーズアイ 企業で刊行されています。内容は、教育から人材育成、そしてビジネスチャレンジまで幅広い視野での活動を紹介されています。
乱視による見づらさを解消する為に作られ、しっかり矯正する目的の乱視用は歪みの少ないクリアな視界を提供してくれる、二週間交換タイプのコンタクトもあります。
電車にボーっと乗ってしまえばそれまでですが、案外周りを見渡すと大阪 異業種交流会がある物です。
知人は仕事の都合で様々な企業の情報収集をしているそうで、国際通信社 異業種ネットの雑誌を参考にしていました。
電車の窓から見えた看板広告にきりしまで評判のお店を紹介した物があったので、何かと注目されているのかなと思いました。
少しずつ様々な金融機関コードの調査したいと話す友人はとても魅力的な女性だと感じました。
[PR]
by kokusai-journal | 2012-04-11 13:14