国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際ジャーナル|幼稚園選び

毎日、暑い日が続きます。
私の住んでいる地域では、いきなり強い雨が降るという不安定な天候が続いているので、
人によっては洗濯物の心配、外出時の心配をしています。
外で顔見知りの人に挨拶をする時には「今日もよく降りましたね」が当たり前のように
ついています。

ご家庭によっては、「うちの子供を私立幼稚園にするか公立幼稚園にするか」と
考えていらっしゃるところがあるのではないでしょうか。

もう、8月に入ります。「私立」と決めた人は、「どこの幼稚園にしようか」と頭を悩ませて
いらっしゃるかもしれませんね。すでに、いくつかの幼稚園に見学に行かれて子供に合った
環境、また親の考えている方針の幼稚園はどこかな・・・と考える事がたくさんありますよね。

先日、私の手元に届いた小冊子に「園選び」の特集が載っていました。

まず、運営についてですが・・・私立は園ごとに運営方針が異なっていて、遊び中心、食育重視、
おけいこ事が盛んである、設備が充実しているなど、さまざまな個性を出しているようです。
費用は一般的に公立よりもお高めだそうです。

そして公立は、子供の主体性を重んじて、遊びを中心とした総合的な指導を行っているとのことです。
先生の年齢構成が幅広いので、経験豊富な先生も多いようです。ただ、預かり保育に関しては
実施率が私立よりも低いようですね。

私の知り合いでは、近くに公立幼稚園があるんですが、どうしても「この私立幼稚園の方針が
親として気に入って・・・」という考えがあった為、私立へ入園された人がいます。
「英語」「茶道」「礼儀作法」など、大人顔負けの内容も教えてもらえるそうです。

また違う知り合いでは、公立幼稚園に入園させた人もいます。「とにかくのびのびと過ごしてほしい」
という理由から入園させたそうです。遊びから「集団生活のルール」や「決まり事を守る」など
実は意味のあることを学ばせているんだそうです。
ただかわいそうなことに、この暑い中エアコンがついていません。天井についている扇風機2台が
ぐるぐると回っているだけなので、お昼過ぎに迎えに行くと我が子が結構疲れている顔をしている
ようです。

3年保育にするか、2年保育にするかでも親として考えるでしょう。
私も子供を持つ親として、頭が休まる事がありません。
どこの親も同じですね・・・。みなさん、がんばりましょう。
[PR]
by kokusai-journal | 2009-07-28 23:43