国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際ジャーナル|担当交代

先日、衆議院選挙が行われました。注目された選挙だったように思います。
選挙当日に投票に行かれた方も多いでしょう。
結果、「政権交代へ」と新聞やテレビで大きく報道されました。

私が住んでいる地域では、「政権交代」ではなく「担当交代」が始まります。
それは、「生協」の話なのですが・・・。私は、近所の人と一緒に利用しています。

8月末まで、私の地域に生協の商品を配達していた担当の方が9月より全く違う地域に異動に
なりました。9月からは私の地域の配達担当の方が変わることになりました。

8月末までの担当の方は男性なのですが、私の住んでいる地域を5年担当されたそうです。
生協に入社してから今年で13年だそうで、うち5年がうちの住んでいる地域。事務所内では
一番長く担当した地域だったんだそうです。

担当の方いわく、「本当にいい人たちに出会った」とのことでした。やはり、仕事をしていると
つらいことや体調が思わしくないこともあったようですが、担当地域のお客さんに毎日励まされて
配達していたようです。励まされるたびに、元気になったのだそうです。
また、担当の方には1歳半になる女の子がいるのですが、我が孫、我が子のようにお客さんは成長を
喜んでくれていたのだそうです。

配達最終日には、たくさんのお客さんから「また絶対に戻っておいでよ」「待ってるからね」と
いう暖かい言葉をもらって涙、涙の配達だったそうです。
とても、愛された方だったんだな・・・と思いました。だから、同じ地域で長く続いたのでしょう。

たくさんの人に惜しまれながらの「担当交代」。
9月からどんな人が配達にくるんだろう・・・と私は楽しみにしています。

そして「政権交代」においても、どんな国になるんだろう・・・と楽しみにしています。
[PR]
by kokusai-journal | 2009-09-03 00:39