国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際ジャーナル|エコと景気回復のバランスについて

景気回復のために、最近の政策として話題になっているのがエコポイントです
ね。環境省・経済産業省・総務省が中心となって推進しています。目的として
は、最近はやりの環境と、リーマンショック以降の不況対策の一石二鳥を狙った
ものだと思います。最新号の国際ジャーナルにもでていましたが、この政策に
は、様々な意見があるようです。自動車や家電の供給サイドにとっては、一種の
特需になりますので、これは大歓迎だと思います。また、ハイブリッドカーなど
の自動車も売れています。しかし、家電や自動車を使うには、電気やガソリンも
必要になりますので、本来の「エコ」の観点からは外れているという指摘もあり
ます。消費を増やすというのはわかりやすい経済政策ですが、エコは無駄な消費
をしないということが中心になりますので、この点のさじ加減は、充分な議論が
必要になってくるのかもしれません。高速道路の定額料金化によって、ETCな
どの設備は売れましたが、高速道路の渋滞や、排気ガスの増加など、考えなくて
はならない問題もでています。これから先、景気が回復してきた場合でも、環境
に悪影響を与えない経済活動をどのように進めていくか、これは今後の課題であ
ると言えるでしょう。
[PR]
by kokusai-journal | 2009-09-11 10:15