国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際ジャーナル 婚活

国際ジャーナル9月号に、結婚活動・・・いわゆる「婚活」に関する記事が出ていました。
最近頻繁に聞かれる言葉となり、ドラマのタイトルにまで登場した「婚活」。

今までは、婚活がはやりだした主な原因を、
女性の社会進出の広がりにより、仕事をがんばるあまり出会いのチャンスがないまま
30代半ばになってしまった女性が増えたことではないかと単純に考えていましたが、
どうもそれだけではないようです。

昨年より始まった空前の不況で、規模の大きな企業ですら倒産したり、
リストラが横行したりと社会不安が増大したことや、
社会保障の先行きが見えない昨今、
なるべくゆとりある老後の生活が送れるよう、
できる限り安定した大企業に勤める人を結婚相手にしたいと考える女性が増えたことも
大きな原因のひとつのようです。

さらに、最近は男性の婚活も増えてきたとか。
最近の人気は、
自分より少し収入の少ない、しかし長く働ける安定した企業に勤める女性とも言われています。
男女とも、婚活の主な目的は、現在から将来に続く経済的な安定なのかもしれません。

そうであるならば、
先々どんな業界のどんな企業が伸びていくか、
今後求められるのはどのような人材か、
また自分はどのような人間になればよりよい相手と結ばれることができるか、など、
相手を見る目を養い、自分の能力をより高める動機にもなり、
婚活は自分磨きにつながるきっかけとしての役割ももつことでしょう。
[PR]
by kokusai-journal | 2009-10-05 23:33