国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際ジャーナルと取材 今、話題の人…直木賞受賞の佐々木譲さん



北海道を舞台にした、警察小説「廃墟に乞う」で、第142回直木賞を受賞した佐々
木譲さん。

現在も北海道中標津に在住で、北海道に住んでいるからこそ、この作品を書く事がで
きたと話しています。



中標津の町に有名な看板があるそうです。

「ジャスコ、次の角左折150キロ」

そんな辺境の地で暮らすからこそ、描ける作品だったのかもしれませんね(笑)



馬を飼っていて、友人と馬に乗り、ライダーが多く集まる場所に行った時、

「馬に乗ってやってきた私たちを見て、ライダーの皆さんが口をポカ~ンと開けて
て、面白かったですよ」と・・・

なんか、羨ましい生活ですね~



直木賞受賞金100万の使い道について尋ねられた時、奥様と話し合った結果、

「お世話になった出版社などの皆さんとの、飲食代にしょうと思います。」

良い人だなぁ~~



直木賞を受賞の警察小説「廃墟に乞う」



道警の敏腕刑事だった主人公の仙道孝司は、ある事件をきっかけに療養中の身。

やっと回復してきたのに、次々とやっかいな相談事が舞い込む…といった話です。



刑事が生涯の中で、大きな事件を担当してしまうケースは、そんなに頻繁に起こる事
ではない。

しかし、大きな事件に関係してしまい、心の病にかかってしまう。

そんな、ケースは実際にあり、佐々木さんは色んな方にインタビューをしながら、

作品を作り上げたそうです。



佐々木さんの描く作品。

作品に登場する人物の中の、参考になったであろう人物を探すという、



“○○町に実在する○○さんをを探せ!”



なんて事が学生の間で、行われてしまったほどだと(笑)

それだけ、佐々木さんの作品には、実在する人が描かれている、という事ですね。



私も読んでみようっと♪直木賞受賞作品、警察小説「廃墟に乞う」を!


報道通信社・報道ニッポンで知るチーム・マイナス6%
国際ジャーナルで読み解く
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年7月号のご案内
国際ジャーナルとの巡り合い
ベンチャージャーナル
報道ニッポン 取材
books.weblog.vc

国際通信社 報道通信社 現代画報社
国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
発行部数が3万部以上です。今、評判の雑誌って?
タレントが取材します。インタビュアーって誰?
振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい!
大阪 東京 名古屋 取材費 刑法 取材 商法 民法 掲載料 無料
[PR]
by kokusai-journal | 2010-01-27 10:31