国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

国際ジャーナル 取材 就職氷河期。

私が就職活動をしていた10数年前から就職氷河期と言われていた。就職活動は全人格を否定されるような気持ちになり、毎日憂鬱だった。もちろんみんなそうだったのだろうが、私は特にメンタルが弱かったので、結局適当に受けて内定がもらえたところに就職。そして1年ももたずにやめることになった。
知り合いの女の子たちが丁度今就職活動中で、金髪だった髪をいやいや黒に染め、慣れないスーツを着て、毎日セミナーや説明会に参加しているようだ。会うと、「辛い、イヤだ。」と言っている。その気持ちは痛いほどわかるので、なぐさめてあげることしかできない。大学生なんて基本的に遊んでいる人がほとんどだ。そして社会という荒波に投げ出される。そのギャップについていけず、精神を病んでしまった子も何人か知っている。
しかし、10数年経って思うことは、それほど大変なことでなかったということだ。むしろ社会に入ってからの方がつらいことは山ほどあって、就職は将来を約束されたわけでもゴールでもない。私と同時に就職した仲間で、今同じ会社にいる人は一人くらいしかいない。結婚して辞めてしまった人、他の仕事についている人、様々だ。逆に言えば、今すぐ就職しなければいけないということもない。私はほとんどをフリーターとして過ごしたが、何度か正社員にならないかと誘われた。
長い人生、いろんな道が待っている。一時のつらさだけに負けないで、明るい将来を描いて頑張ってほしいものである。

経済情報誌 国際ジャーナル 2008年11月号のご案内 | 国際通信社 取材 取材 取材商法 国際ジャーナル 現代画報社 掲載料 国際通信社グループ 現代画報 タレントがインタビュアーになり取材します 発行部数が3万部以上です 現代画報 国際通信社 国際通信社 取材 報道通信社 報道通信社 東京 刑法 国際ジャーナル 取材 掲載料 商法 大阪 名古屋 現代画報社 報道ニッポン 取材費 民法 評判の雑誌って? 国際通信社グループ 国際通信社って 取材 取材 報道ニッポン
[PR]
by kokusai-journal | 2010-02-17 15:01