国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

<   2009年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

先日、NHK教育テレビを観ていた子どもが「あきのななくさって言える?」と聞いてきました。「秋の七草!えーと・・言えません。何だっけ?こういうときは辞書を引こうね~」と誤魔化したのですが、正直恥ずかしかったです・・。春の七草は全部言えるけど、秋は知らなかったから。。情けない親だな~。子どもがまだ小さいうちに勉強し直さないと!小学校の勉強ってものすごい勢いで難易度が加速するみたいなので、ホント今(小2)のうちになんとかせねば。以前国際ジャーナルで「ゆとり教育」の功罪について特集していましたが、現場は新学習指導要領への移行をどれだけスムーズに行なうかでテンヤワンヤですよ。家庭学習も今よりずっと多くを求められる気がします。
話をもどして。小学生用の国語辞書を引いてみたら・・「萩、尾花、葛、撫子、女郎花、藤袴、桔梗」とあります。へええ 女郎花と藤袴ってどんな花だっけ?と頭をひねっていると、「あさがおも入ってるよ」と子どもが言います。朝顔?朝顔って夏の花じゃないの?と再び調べてみましたが、やはり載ってません。一般の国語辞書を引くと、秋の七草の由来と共に「朝貌」が出てきました。「秋の野に 咲き
たる花を 指折り(おゆびおり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」「萩の花
尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花」と。テレビでは山上憶良の万葉集の歌を紹介していたようです。この朝貌の花は、朝顔の他にむくげや昼顔、桔梗説があって、現在は桔梗が一番有力であるとしています。だから小学生用の辞書には桔梗しか載ってなかったんだな~。これまた、へえええ と唸りっぱなし。でも、こうやって知識が増えるのは面白いです。世の中知らないことの方が圧倒的に多いんですもの。勉強し甲斐がありますよ~。まあ、歳をとってきてから勉強する最大の難関は、覚えた端から忘れていく記憶力の低下、ですがね。。
[PR]
by kokusai-journal | 2009-09-29 17:27
最近の国際ジャーナルには臓器移植に関する記事が出ていましたので、臓器移植
についてちょっと調べてみました。人間にとって、心臓や肺、肝臓、腎臓など、
いろいろな臓器がとても重要なのは言うまでもありません。これらの臓器の活動
によって、人間の体は健全に維持されています。しかし、病気や事故によって臓
器に障害がでると、人間は生命を維持するのが難しくなる場合があります。こん
な時に現代医学では臓器移植を行う事があります。これは、機能しなくなった自
分の臓器を、他の人からもらった臓器に入れ替える事です。現代の医学では、様
々な移植が行われています。特に話題となっているのが、脳死後による臓器移植
の是非です。人間の死をどうやって判定するかは、長年議論が続けられていまし
たが、脳死によって死であると認める事により、臓器移植にとっては大きな前進
となりました。これは、必要な臓器を供給するチャンスが増える事を意味するか
らです。最も、臓器移植については、まだまだ改善の余地があります。ちょっと
前までは、臓器移植手術をするのに、海外へ行かなくてはならないケースもあり
ました。今後の日本における臓器移植の状況は大きく変わってくるかもしれません。
[PR]
by kokusai-journal | 2009-09-28 14:29
国際ジャーナル9月号の臓器移植法改正の特集を見て、7月下旬に国会でこの法案が可決されたときのニュースを思い出しました。明暗の分かれた傍聴席には、臓器移植によって助かる命と脳死と判定されても助けたい命を巡る親族たちの姿がありました。改正臓器移植法では、移植するかしないかに関係なく、脳死基準法に基づいて精査され診断した「法的な脳死」を人の死と認め、「脳死は一律に人の死」として捉えることになりました。そして、15歳未満の臓器移植が可能になったことが、小児医療の現場に与えた影響は計り知れないものがあると思います。
小児の場合、脳が発育途上にあるので損傷があっても回復する可能性があるといいます。6歳以下の子どもの脳死基準を整備し、小児緊急医療をもっと充実させてないことには、実運用は難しいでしょう。
けれど、そもそも6歳にもならない子に「死んじゃったら身体を他の可哀相な子にあげる?」なんて聞けるでしょうか。臓器提供するかどうかは最終的には親が決めるのです。最善の治療をしてもらえば納得いくのか、当事者になってみないと本当に分からないことです。そして、臓器移植によって助かるかもしれない我が子に、臓器を提供して欲しいと願うことが果たして強欲なのか非道徳的なのか、これも分かりません。
メメント・モリ。今の私たちは死と隣り合わせのような生活をしながら、あまりにも死から遠くかけ離れた心のあり方で生きているのかもしれないと、臓器移植にまつわる話を聞くたびに想ってしまうのです。
[PR]
by kokusai-journal | 2009-09-26 18:20
国際ジャーナル9月号に、「高齢化社会をともに生きる── 認知症患者の適切な介護」
という記事が出ていました。
私の祖母がまさに認知症患者であり
現在父親と父親の兄弟が交代で介護に当たっているという状況で、
認知症患者の介護の大変さをある程度理解しているだけに、
この記事に目が留まりました。

高齢化が年々進んでいる現在の日本では、
介護施設の需要が高まるとともに、認知症対策も重要な問題となっています。
程度の違いはありますが、要介護状態にある高齢者のうち、
二人に一人は認知症の傾向が見られると言われています。

このような日本の現状に向き合い、介護を要する認知症の高齢者を抱える家族を支援することを目標として、
厚生労働省では、全国150ヶ所の介護施設に認知症専門の介護職員の常駐を定め、
介護施設と認知症専門の医師が、連携する方針を固めました。

ひとくちに「認知症」と言っても、症状は実にさまざまで、
現在では、「認知症グループホーム」などの介護施設が増加していますので、
軽度な認知症であれば、適切な介護、指導、ケアなどを受けながら、
普通の生活を続けることが可能になっています。
ですが、介護施設ごとに“介護の質”に差が出てしまうことは避けられませんし、
重度の認知症患者へ、どのように対応しいくのかは難しい問題となっているとのことです。

今後、国や自治体、そして私たちが、どのように対応していくのかが、大きな課題になりそうです。
[PR]
by kokusai-journal | 2009-09-26 18:19
国際ジャーナル9月号に、「高齢化社会をともに生きる── 認知症患者の適切な介護」
という記事が出ていました。
私の祖母がまさに認知症患者であり
現在父親と父親の兄弟が交代で介護に当たっているという状況で、
認知症患者の介護の大変さをある程度理解しているだけに、
この記事に目が留まりました。

高齢化が年々進んでいる現在の日本では、
介護施設の需要が高まるとともに、認知症対策も重要な問題となっています。
程度の違いはありますが、要介護状態にある高齢者のうち、
二人に一人は認知症の傾向が見られると言われています。

このような日本の現状に向き合い、介護を要する認知症の高齢者を抱える家族を支援することを目標として、
厚生労働省では、全国150ヶ所の介護施設に認知症専門の介護職員の常駐を定め、
介護施設と認知症専門の医師が、連携する方針を固めました。

ひとくちに「認知症」と言っても、症状は実にさまざまで、
現在では、「認知症グループホーム」などの介護施設が増加していますので、
軽度な認知症であれば、適切な介護、指導、ケアなどを受けながら、
普通の生活を続けることが可能になっています。
ですが、介護施設ごとに“介護の質”に差が出てしまうことは避けられませんし、
重度の認知症患者へ、どのように対応しいくのかは難しい問題となっているとのことです。

今後、国や自治体、そして私たちが、どのように対応していくのかが、大きな課題になりそうです。
[PR]
by kokusai-journal | 2009-09-25 14:04

国際ジャーナル ブログ

久しぶりに国際ジャーナル、、現代画報報道ニッポンのスタッフブログ『臨機応編』を覗いてみたo(^-^)o


それぞれのスタッフがいろんな事をテーマにして書き込みしてるので、面白い(^O^)


私の所属する会社のシステムは、掲示板に好きなことを書き込みできるようになってるんだけど、なかなか更新されていないf^_^;


本当に、必要最小限の書き込みに止まっているという感じかな(>_<)


生まれつき障害がある人って、独特だなぁと…最近、よく思う。


もちろん皆が皆そうじゃないんだけど、傾向として『やってもらって当たり前』的な考えの人が多いんだよね(-o-;)


福祉関係の友達にも話したら友達も同じように感じていたようで、どうしたら自分から動いてくれるものかなぁと話しをしました。


やってもらったことに対する感謝の気持ちもなくて、もっともっとと要求するのって、私は、おかしいんじゃないかなぁと感じます(≧ヘ≦)


やってもらったことに対して感謝した上で、改善出来るところ、自分たちでやれるところを分けていかないと障害者自立支援法の意味も変なものになりそうな気がしますf^_^;


私たち障害者自身の考え方の転換も図るべきかもしれないよね(^O^)
[PR]
by kokusai-journal | 2009-09-24 20:07
毎年、夏バテや夏痩せはしません。その逆で、夏太りします(悲)エアコンの効いた部屋に引き篭もってるわけじゃないです。その逆でだらだら発汗するような生活を送ってるんですよ。子どもに付き合って、真夏に公園通いをするのは本気でキツイです。そう、きっと暑さで体力を奪われないようにしなきゃ!と食べ過ぎてるんですよ。。この強靭なストマック。。今年は冷夏だというのに、いつもの調子で食べてしまい、平年に比べ余計にムッチリしてます・・・。子どもに便乗しておやつ食べ放題の夏休みが終わったのだから、一念発起してダイエットしなければっ!!
食事制限以外に体重を落とすことはできないので、まずは食生活から見直しです。一日3食バランスよくキッチリと。それに、リバウンドしないように、運動を取り入れて筋肉をつけて新陳代謝をあげて、痩せやすい身体を作るには~・・こういうこと考えるだけで息が上がりますね。。根性無し。
きっとみんなラクしたい。「たった一週間で○kg痩せる!」とか、「5日でくびれができる!」とか、ダイエット広告の目玉が即効性なのはビジネス的には大正解ですよ。実際にはゆっくり痩せる方がリバウンドしにくいことは頭では理解していても、ダイエットを一度でも決意したことがある人なら、飛びつきたくなる気持ちはよく分かるんじゃないでしょうか。。
でも、そんな甘い誘惑に踊らされてはいけない!自分のライフスタイルと環境に見合った無理のない方法を選んで、ゆっくりでも続けることが実は一番の成功への道なのです。国際ジャーナルで薦めてるヨガなんかは、スローで良いかもしれない。ピラティスと並んで人気がありますよね~。このガチガチの体も柔らかくなるのだろうか。。まあ 何事もチャレンジチャレンジ。急がば回れの精神で、食欲の秋を乗り越えるのだ~!←半ば暗示かけてます(笑)
[PR]
by kokusai-journal | 2009-09-22 23:30
メタボリックシンドロームという言葉が一般的になって、ずいぶんたちますね。
国際ジャーナルでも特集記事がでていましたが、中高年の関係する人々にとって
は、ちょっと気になるところではないでしょうか。このメタボリックシンドロー
ムを解消する方法には、人それぞれの考え方があると思いますが、ハワイにいっ
てメタボリックシンドロームを直すという事が、最近はやっているみたいです。
ハワイに行って何をするのかというと、まずは海辺をゆっくりと散歩します。い
つもと違った景色なので、散歩の距離も伸びて、足腰にはいい運動になります
ね。それから、朝早く起きて、ハワイの朝市で、地元の新鮮な食べ物を買ってみ
るのもよさそうです。ハワイにも日本人が多いので、日本人向けのカラダに優し
い食事を取れるレストランも増えているみたいですね。それから、メタボリック
シンドロームの解消には、精神的なリラックスも必要です。これには、野生のイ
ルカを見に行くツアーなんかはどうでしょうか。まさに究極の癒し効果が期待で
きそうです。海外旅行となるとハードルが高い感じもありますが、毎日のお酒を
ちょっと我慢すると、その費用もできるのではないでしょうか。ハワイで健康に
なるのはよさそうですね。
[PR]
by kokusai-journal | 2009-09-21 00:40
雑誌「国際ジャーナル」で「子供」をテーマにした特集が紹介されていたかと記憶しています。

「子供」という言葉で思い出したのですが、先日あるテレビ番組で有名人の「お宅訪問」のような
内容が放送されていました。
訪問するのは、今、テレビでも大活躍されている明石家さんまさんでした。

ある有名人の家に訪問した時に、3歳くらいの男の子がいたのです。その男の子は、さんまさんに
とてもなついていました。自分が持っている玩具を見せたり、体を使って遊んだりしている
様子が映っていました。
各部屋を紹介するたびに、男の子はさんまさんにあれこれと注文してくるのです。
それに対してさんまさんは、文句を言わずに子供の目線に合わせて遊んであげているのです。

男の子がある玩具を持ってきて、形を合わせたり積み上げたりしている様子が映ったとき、
「こんなことができるんか。びっくり。」や「まさかの結末やな~」というようなことを子供に
語っているのです。
形あわせや積み上げるという内容の玩具というのは、本来の「答え」というものがあるのです。
四角の穴には四角の形を入れる、三角には三角を・・・といったような状態でしょうか。

3歳くらいの年齢の子供というのは好奇心旺盛で、ひとつの玩具でも大人では考えられないような
方法で遊びます。それを男の子のお父さんは、どうやら「それは違うよ」と最初から否定していた
ようなのです。それが原因なのか、男の子はお父さんにあまりなつかないようだったのです。

ところがさんまさんは、「答え」がわかっていても最初から否定はしませんでした。「あら、
びっくり」「え~!やってくれるやん」などと、大袈裟に驚いているのです。最終的にはさんまさん
が「実はこんなこともできるんやで」というような感じで「答え」を伝えていたりしていたかと
思うのですが、子供をもつ親として大変勉強になった特集でした。

玩具や知育道具、そして本でも「答え」があるものが多いかと思いますが、子供が仕上げたものが
違っていたら「違うから、もう一度」というような否定の仕方をしていました。
今さらながらなのですが、子供の目線に合わせて接していくことが大事なのだと思いました。
[PR]
by kokusai-journal | 2009-09-20 00:24
国際ジャーナル8月号に「子どもたちにとってゲームは“善”か“悪”か」という記事を見つけました。

善か悪か、一概にどちらかに決め付けてしまうことは難しいでしょう。
自分としては、善い面も悪い面もあると思っています。
善い面としては、自分の経験ですが、
友人とともに遊べるひとつのツールであったことです。
親が自宅に集まってお茶会をしているとき、子どもたちはそろってゲームで楽しみました。
一度に全員が遊べるものではありませんでしたが、
順番を決めて、みんなでドキドキしながら、あれこれ話しながらゲームにいそしみました。
3ヶ月に1度ほどの恒例の行事でしたが、みんなとても楽しみにしていました。

悪い面としては、自分はそうではなかったのですが、
暴力的なものや内容に顔をしかめるようなものが少なからずあることです。
特に最近は、映像も進化していますので、暴力的なものはリアルに衝撃的なものになっていますし、
犯罪を扱うような内容のゲームはどんどん複雑化して、子どもにどんな影響を及ぼすのか不安になるようなものもあります。
またインターネットを通じて、子どもがさまざまなゲームソフトを入手しやすくなっています。

子どもに悪影響を及ぼすようなゲームを子どもが容易に入手できないような制度のもとしっかり監視していくとともに、
親の目の届く範囲で、できれば親も一緒に楽しめるようなゲームで、
家族のコミュニケーションのひとつのツールとして位置づけられるようにしていくことが、
ゲームの理想的なあり方ではないかと思います。
[PR]
by kokusai-journal | 2009-09-18 23:36