国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

<   2010年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

みなさんは、宝くじを購入されるでしょうか。国際通信社から発行されている雑誌にも取り
あげられていた「不景気」ですが、この不景気に影響を受けて、宝くじに夢を求めるという
人が増えているようです。私も、そのうちの1人で「もし、当たったら・・・」と考えてしま
います。ちなみに私の知人は、朝に見るテレビ番組の占いコーナーを見て、自分の星座が
1位である日に購入すると決めているのだそうです。

1等・前後賞あわせて3億円の「ドリームジャンボ宝くじ」が5月12日~6月4日に発売される
のだそうです。
よく購入されている人とっては、ご存知だと思うのですが、1枚300円です。
そして1等2億円が27本、1等前後賞5000万円が54本、2等1億円が81本だということが新聞記事
に載っていました。抽選は6月15日で、今年で3回目となる「ミリオンドリーム」も同時発売
されるということです。発売期間と価格は「ドリームジャンボ」と同じで、1等100万円が
7000本となっているということです。

「ジャンボ」という名前がつく宝くじの発売日初日は、テレビのニュース番組でも宝くじ
売り場の様子が放送されます。毎回、かなりの枚数を購入されている人をよく見ます。
「あれだけ買えば、3億当たるんだろうか」と不思議に思ったりもします。
そして、地域によって「よく当たる」といわれている宝くじ売り場があるのではないかと
思います。そういった売り場では行列ができてきる様子も放送されています。
今回発売される「ドリームジャンボ」。みなさんはどれだけ購入されるでしょうか。
我が家では、今回購入する予算ができるかどうか分らないのですが、予算ができればぜひ
「大きな夢」を購入したいと思っています。高額が当たることを願って・・・。


国際通信社を読む、続・取材 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
[PR]
by kokusai-journal | 2010-05-04 00:14
春を迎えて、日本経済の行方もこれからが正念場になってきていると思います。
報道ニッポンなどマスコミにおいても、経済の先行きについては、とても重要な
テーマになっていると思います。このような時代において、経営者に求められる
素質とはどのようなことなんでしょうか。まずは厳しい状況でも自分の判断で意
思決定できるかどうかだと思います。極めて難しい決断を求められるのが今の時
代の経営者です。どちらを向いても難しい話ばかりです。そのようなさまざまな
リスクが潜む中で、どう決断し、それを実行していくのかというのが大切なとこ
ろになります。自社の今後を大きく左右するギリギリの判断が次々に求められて
きます。ですから、これからの経営者の役割については、今までとはまったく違
うものになってきているのかもしれません。特に、現在の日本経済の様に成長が
鈍化して、右肩上がりの前提がなくなった場合はそうだと思います。今までの成
功体験を元にしては、もはや成長することができないかもしれません。経営が極
めて難しい状況下において、このグローバルな社会でどう戦っていくのか、これ
からの経営者はまさに死に物狂いでの戦いが必要になってきているのではないか
と思います。





bus.gob.jp 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
[PR]
by kokusai-journal | 2010-05-01 02:59