国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

本当のパン好きはパンの耳やへた(一番端っこのこと。実家の母がそう呼んでいたので正式名称だと思ってました)が好きです。バゲットなどのハードタイプのパンに至っては、周りのカリカリこそが命なわけです。焼きたてのピチピチピチパリパリパリというあの音!食パンだって、トーストしたときに一番香ばしく、噛むほどに味わいが出るのが耳です。冷めたトーストでも耳なら食べられます。固いの上等ですわ。
カステラも、端っこが美味い。でも商品としてパッケージされるときは大体切り落とされてますね。そんな切れ端ばかりを集めたお得パックを時々スーパーで見かけて買うのですが、今は有名カステラ店から出た切れ端を激安価格で提供するサービスなんかがあるのです。カステラだけじゃなくて、ロールケーキの端っこ、ミルフィーユ、スポンジケーキ・・見た目は確かにあんまり良くないけれど、味は変わらないし、カステラみたいに端っこの方が美味しかったりします。
いわゆる訳有り商品が最近はエコだ不況だで売れてるんですよね。楽天のグルメサイトをちょっと覗いてみれば、そういうお店がたくさん出てきます。消費者側からすると、味が良ければ少々形が悪くても気にしないし、その分安くしてくれるなら助かっちゃうって感じですね。お店側からすれば、フードロスを無くせるし宣伝にもなるし(じゃあお歳暮は正規品で~と選んでくれる可能性が高い)、お互い旨みの方が大きいです。こういう細かいところの見直しというか着眼点を持つということは、これからの企業経営にとってとても大切なことでしょうね。飲食業界だけでなく、第一次、第二次、第三次産業、どれをとっても。
国際通信社で掲載している企業を見ていると、お客様本位を第一にしていることは当然なのですが、やはりコスト削減は大きな問題であり、環境への配慮も企業倫理として求められているのがよく分かります。企業が提供するものは有形無形であれ「たかが端、されど端」なんだと思います。せっかくバブルが弾けて挫折して、世界不況のどん底を思い知ったのだから、日本人の「もったいない」精神を生かさない手はないですよね。




月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年2月号のご案内 | 現代画報社
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
[PR]
by kokusai-journal | 2010-10-31 23:53
厚生労働省は10月13日に、社会保障審議会の医療保険部会で出産費用の
全国平均が47万3626円に上るとの調査結果を発表したということです。
先ほどの出産費用の全国平均は平成22年8月時点の費用だそうです。
現行の出産育児一時金は原則42万円で、本人負担が5万円上回る実態が
明らかになったのです。

調査は各都道府県の国民健康保険団体連合会に申請された正常分娩に伴う
請求書5万3192件を集計したものです。下位25パーセントの平均費用は
42万5955円でした。最も平均費用が高かったのは東京都の56万3617円。
神奈川県、栃木県、そして宮城県の3県も50万を超えたそうです。
一方で、最低は鳥取県の39万1459円で、続いて熊本県の40万6439円
でした。この数字から地域格差も顕著になったのです。

この出産育児一時金は平成21年10月から22年度末までの暫定措置として、4万
上乗せされて42万となっています。13日の部会では、42万円の恒久措置化を
求める意見があった一方で、38万に戻すべきとする声もあがったようです。

雑誌「現代画報」でも以前に「出産」や「育児」に関する記事が載っていたように
思います。お金が欲しくて子供を産もうと思う人というのは少ないように思います。
一時金でかなりの金額をもらったとしても、育児中にかかる金額というのが相当な
ものになるのです。今の不景気の状態が改善されない限り、「子供がほしい」と
思う人が出産をするとは思えないのですが・・・。


国際ジャーナルへの思い
[PR]
by kokusai-journal | 2010-10-27 23:48
第19回「詩と思想」新人賞に選ばれた、秋田市の中学3年生の女子の保護者が、

盗作での受賞だったとして、賞の取り下げをしていました。

新人賞受賞について地元紙が中3女子に取材をを希望したところ、様子がおかしくな
り、

その後、保護者に対し盗作をしたことを話したことから、盗作が発覚したといいま
す。



そして、今回、他に受賞した賞についても、盗作であったことを認めたそうです。



中1からの応募数だけでも50以上はあるとみられていて、選考途中まで10作品、

入賞数は24作品もあったそうです。



また過去に受賞した2作品について、「ネット上の作品と酷似している」とのこと
で、

保護者が賞の取り消しを申し出たとのこと。

もしかしたら保護者は、中3女子の盗作を以前から知っていた可能性もありますよ
ね。



作品は中学校経由での応募ではなく、中3女子が個人的に応募していましたが、

賞を受賞すると中学では朝礼などで、中3女子の受賞報告を他の生徒たちに向けて、

おこなっていたそうです。

その報告全てが嘘、盗作による受賞だとは、中3女子は大きな失点を犯した気がしま
す。



間違ってやってしまったというレベルではなく、ある意味、癖になっていましたよ
ね。

例えるならば、放火犯が放火を繰り返してしまうのと、同じ感じに思えます。


press-blog | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
[PR]
by kokusai-journal | 2010-10-24 20:09
現代画報など、様々な雑誌が販売されている本屋さんを訪ねるのは、楽しみの一
つです。本屋の商品は当然「本」ですが、その流通についてはこれから動きがあ
りそうです。それは、本の委託販売を見直して、責任販売に切り替える出版社が
でていているという動きです。本の委託販売は、この業界においては一般的な流
通方法ですが、これは、仕入れの価格が一定である代わりに、売れ残った本は出
版社に引きとってもらえるというものです。このやり方では、本屋の販売リスク
は減りますが、一方で利幅についても制限がありますから、本屋のできることが
限られてきます。また、本の仕入れ量についても、中小の本屋ではコントロール
がききません。結果として、どの本屋でも同じ様な品揃えになってしまう事にな
ります。責任販売の場合は、返品時のリスクを本屋にもある程度負担してもらう
代わりに、仕入量や利幅にも、本屋サイドの裁量を持たせる方式です。普通の小
売業では当たり前の方法ですが、出版の世界もこのような動きになってきたので
しょうか。出版業界も厳しい状況ですが、流通の方法を見直す事によって、もっ
と活性化が図れるのかもしれません。もっと個性的な本屋が沢山でてくると楽し
いかもしれませんね。






国際ジャーナル|報道ニッポン|現代画報
[PR]
by kokusai-journal | 2010-10-21 23:07


最近は英語を社内の公用語にする企業がでてきました ので、ビジネスパーソン
にとっても、英語の勉強がより必要になってきているのかもしれません。そのた
めの方法として英検にチャレンジすること があります。英語力が客観的に把握
できるので、自分のキャリアアップにも良いと思います。英検では日常で使われ
る表現が多く試験にでてきま す。ですから、無理なく英語の力を伸ばすことが
できます。試験ですから、得意、不得意のポイントを明確にして、次からの学習
にフィードバック できます。国際ジャーナルでも、これからの日本人にとっ
て、どのような英語の勉強方法があるのかを特集してみてはどうでしょうか。ビ
ジネス パーソンにとっては役に立つ内容になると思います。その他、通訳案内
士という資格もあります。これは国家資格です。単に語学力が優秀というだ け
でなく、日本地理、日本歴史、更に産業、経済、政治及び文化といった分野に至
る幅広い知識が必要です。外国人から報酬をもらってガイドをす る場合は、こ
の資格が必要です。ガイドを目指している人だけではなくて、国際人としてビジ
ネスの世界で活躍したい人にとっては、日本の事も英 語で説明できるようにな
るので、とてもいいと思います。





あんそにの国際ジャーナル
[PR]
by kokusai-journal | 2010-10-17 23:17
英国の研究チームによると、犬にも楽観的なタイプと悲観的なタイプがいて、
その性格というのは飼い主の留守中の行動にも現れるのだそうです。
犬を飼われている人は多いと思うのですが、自分が留守中に飼い犬は一体
どのように過ごしているのか・・・ということを気にしたことはないでしょうか。

研究を率いた英ブリストル大学の教授は「人間の心理状態は判断に影響を及ぼし、
幸せな人は曖昧な状況を楽観的にとらえる傾向があると分かっている。今回の
研究では、同様の傾向が犬にもみられた」と説明したのだそうです。

今回の実験では24匹の犬に、部屋の一方の端にあるボウルには餌が入っていて、
反対側のボウルには餌が入っていないと覚えさせたそうです。
その後、中間にボウルを置くと、楽観的な犬は全速力で走って行ったのに対して、
悲観的な犬は躊躇したり走る速度が遅かったというのです。

また、楽観的だと判断された犬は飼い主の留守中に落ち着いていることが多いのに
対して、悲観的な犬は飼い主が帰ってこないのではないかと不安げな様子を見せて
吠えたり悪さをしたりすることが多かったそうです。

犬も感情のある生き物です。喜ぶ時もあれば悲しむ時もあるのです。それは人間と
同じだと思います。そのような犬を人間の勝手な考えで捨ててしまったりするとい
うのはどう思われるでしょうか。


現代プレス | 現代画報 国際ジャーナル 報道ニッポン
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
[PR]
by kokusai-journal | 2010-10-16 00:06


このところ、中国との外交に関する緊張状態が続いて いますが、中国河北省石
家荘市でスパイ容疑として取り調べを受けていた日本人4名に新たな展開があっ
た様ですね。これは建設会社「フジタ」の 社員ら4人のうち3人が釈放された
というニュースです。この背景にはどのような思惑があるのでしょうか。国際
ジャーナルでも、この事件とこれ からの日中関係については、詳細な分析を
行って欲しいところです。尖閣諸島付近での漁船衝突事件以降、関係がぎくしゃ
くしている日中関係です が、やはり正常な状態へのの修復が求められていると
思います。中国政府の考え方はどのようになっているのか気になるところです。
フジタ社員の 残る1人の釈放の見通しはどうなんでしょうか。一刻も早い釈放
をしてほしいところですね。中国政府は謝罪と賠償を日本政府に求めるなど、今
ま で強硬な態度を崩していませんでしたが、このような態度はいつまで続くの
か疑問なところです。中国政府としても、国内向けに日本への強い態度 を表明
しないといけないのかもしれません。レアアースの輸出についてもそうですが、
中国とのビジネスには、やはり一定のリスクがあると考える べきなのでしょう
か。この点は気になるところです。





国際ジャーナルで読み解く
[PR]
by kokusai-journal | 2010-10-13 23:42

ある新聞記事に「賞味期限切れ食品をどうしていますか?」という記事が載ってい
ました。独自でアンケートをとったようですが、有効回答数が315票あるうち、「食べる」と答え
た人が279票、「捨てる」と答えた人が36票という結果が紹介されていました。

「捨てる派」の意見では、「きっと食べられるんだろうけど何かあった時に文句を言えるところが
ないのは困る」「おなかを壊したら嫌だから」という理由でした。
「食べる派」の意見では、「少々過ぎていても気にしない」「もったいないから」「卵や生ものは
しっかり火を通せば食べられるから」などの意見がありました。

例えば、「生もの」に関しては賞味期限が切れてから何日くらいまで食べようと思うか・・・の
質問も紹介されていました。「3日」と答えた人が多かったのです。続いて「1週間くらいまで」
「1日まで」の順で結果が出ていました。
「保存食品」に関しては「1ヶ月まで」「半年まで」「1年まで」の順で結果が出ていました。

以前、あるテレビ番組でもたまたま「賞味期限」についての話が出ていたのを思い出しました。
「賞味期限が2~3日切れたシュークリームをあなたは食べますか」という質問があったのです。
私なら問題なく食べるのですが、「食べない」という人が数人いました。理由は「もともと
シュークリームというのは賞味期限が短いもの。そのようなものの賞味期限が切れている状態
はきっとよくないと思う」という意見が今でも頭に残っています。

基本的には「賞味期限を切らさないように」心掛けるべきなのでしょうが、ついつい期限を切ら
せてしまうのが私の悪いところなのです。気をつけなければいけません。



現代画報 料金と価値 現代画報社
[PR]
by kokusai-journal | 2010-10-12 23:34
二酸化炭素の排出量削減については、これからの日本社会全体として取り組んで
いくテーマになっていくのでしょうか。国際通信社の雑誌などを読んでも、環境
に対する記事などは増えていると思います。世界的に環境問題への意識が高まる
中で、日本として一体どのような貢献が可能なのでしょうか。やはり、優れた先
進技術による貢献は、一つの可能性であると思います。日本の大手鉄鋼メーカー
である新日鉄ですが、中国の同業者に対して、二酸化炭素の排出を減らす技術を
提供するというニュースが、先日の新聞にも出ていました。この技術によると、
燃料消費量を10%ほど押さえることができるそうです。この取組の背景にはど
のような考えがあるのでしょうか。CDM(クリーン開発メカニズム)による排
出枠の取得という事が、どうもある様です。これは、自国外で削減した二酸化炭
素の排出量を、自国の削減としてカウントできる仕組みです。ですから、中国の
鉄鋼メーカーの二酸化炭素を技術供与によって減らす事により、日本の削減目標
の達成を促進できるという考え方になります。このような動きは、今後他社にも
広がっていくのでしょうか。いろいろと問題もあるかもしれませんが、世界の環
境にとってはいい話だと思います。






国際ジャーナルとの出会い
[PR]
by kokusai-journal | 2010-10-09 00:25


最近、日銀から発表された2010年9月全国企業短 期経済観測調査をみる
と、日本の景気はまだまだ先行き不透明であると言えます。この調査によると大
企業製造業・業況判断指数(DI)はプラス 8となっています。これは前回の
6月短観から7ポイント改善しています。今後はどうなっていくのでしょうか。
ちなみに2010年12月予測は マイナス1となっています。これからの景気
については、国際ジャーナルなどのマスコミ各誌でも、これから様々な分析が行
われていくのではない かと思います。そのような分析も参考にしていきたいと
思います。今回の数字についてですが、報道をみると、様々な論評が行われてい
ます。政府 としても、これから臨時国会においての予算編成を行う上で、参考
にしているはずだと思います。大企業の製造業、非製造業ともに、一期先見通し
は9月比で悪化となっっていますが、円高の影響を始めとして、日本の製造業を
取り巻く環境の悪化は、急速に進んでいるのではないかと感じま す。一刻も早
い対応が望まれるところです。まずは円高に対する国際的な協力を強く求めてい
くのと共に、エコポイントの延長など、新たな景気刺 激策も早急に実現してほ
しいところですね。





現代画報 詐欺・強盗事件の増加と若者 現代画報社
[PR]
by kokusai-journal | 2010-10-05 23:20