国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

<   2010年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

なにかとお騒がせな人、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが今月に入って怪我をして入院したことはみなさんニュースなどでご覧になりましたでしょうか?このことについて、10月25日に海老蔵さんのお父さん、市川団十郎さんが会見で「世間様をお騒がせして、申し訳ありませんでした」と謝罪されていましたねえ~。なんでも、海老蔵さんは、予定されていた記者会見を体調不良を理由にキャンセルしたにもかかわらずに、飲みに出かけちゃったのだそうで、そのことについてはお父さんとしては「憤りを感じる。人間修業ということが足りないから、このような結果を招いた。当人の責任は重大だと感じている。皆様方におわびしたい」とコメントしているようです。海老蔵さんは、東京の六本木で飲んでいて、具合の悪くなった客を開放している時に、海老蔵さんの近くにいた知らない人にいきなり殴られたのだとかで、海老蔵さんのTシャツやズボンは血まみれになり、額に傷、歯は折れたような状態だったそうで、その上左目の方にあざもあり、出血がかなりあって、後頭部がはれていたそうですよ。実際、歯は多少折れていて、左側の鼻の横に陥没骨折があるのだとか。そこまでしなくても良いのに、何か恨みでもあったのでしょうか?

国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
占い日記
[PR]
by kokusai-journal | 2010-12-04 23:12
みなさんはすでに、「トイレの神様」をご存知でしょうか?「トイレの神様」って、トイレの花子さんみたいな怖い話かって一瞬思っちゃいそうですが、そうではなくて、純粋に「トイレの神様」なんだそう。なんでも、トイレには、それはそれはキレイな女神様がいるんやでと話していたおばあちゃんの言葉を信じ、毎日トイレをキレイに掃除していたのだとかで、おばあちゃんを想った歌と言ってもよいかもしれませんね。そんな「トイレの神様」を歌っている歌手の植村花菜さんが、なんと大みそかでは毎年恒例の「第61回NHK紅白歌合戦」に出場されることになったようです。一応今回出場するのは、紅白合わせて44組だそうで、去年の50組から6組減となっているものの、「トイレの神様」を歌う予定の植村花菜さんは、9分52秒の曲をノーカットで歌うことが決定したそうですよ~。長い曲なのにノーカットで歌うなんて、紅白という舞台でしっかり歌えちゃうんでしょうか?度胸がある人じゃないと、勤まらなさそう~!本当は今年はK-POPが目玉だったようですが、残念ながら不在となることになってしまった穴をバッチリ埋めてくれちゃうのでしょうか!?まだ「トイレの神様」を聞いたことのない方は、この機会にぜひ聞いてみちゃってくださいね。

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道ニッポン コミュニケーション能力を養う/報道通信社
[PR]
by kokusai-journal | 2010-12-04 12:21
新聞記事にも社名が載っていたため、ここでも記載させていただこうと思います。
ヤマト運輸は11月24日に、京都府亀岡市の30歳代の男性委託配達員が
2009年11月から今年11月までの1年間に、法人顧客役1200社が
発送したダイレクトメールやカタログなど約2万1000通のメール便を配達
していなかったうえに、一部を自宅裏の焼却炉で焼却処分していたと発表したのです。

ヤマト運輸によると、この男性配達員は2009年3月に委託契約を結んで、亀岡市
北部の配達を担当していたそうなのですが、2009年11月頃から配達しきれない
メール便が増え始めて、未着の問い合わせが少ないと判断したダイレクトメールや
カタログなどを自宅の物置などで保管していたということなのです。
法人顧客からの問い合わせを受けたヤマト運輸の調査で今回のことが発覚したようです。
そして、11月17日に配達員との契約を解除したそうです。
広報課は「再発防止策を徹底し、信頼回復に努めたい」とのコメントを発表しました。

私の家の周りでもメール便を自転車に乗って配達を頑張っている人の姿をよく見かけます。
仕事なのですから責任を持って、自分に与えられた分を最後まで配達されているのです。
暑い日も、寒い日も、雨でも風が強くても配達されている姿を見かけます。
それに比べて今回の30歳代男性の考えというのは非常に怒りを覚えます。
今、不景気を理由に仕事を探してもなかなか見つからないという状況がある中で、仕事を
することができる環境がある上に仕事放棄とは大人として恥ずかしい行動ではないかと
思いました。



大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
insete.sphere.sc
[PR]
by kokusai-journal | 2010-12-04 10:19
坂本龍馬でちい兄ちゃんこと、歌手で俳優の福山雅治さんですが、10月27日に東京都内で行われたNHKの新大型自然ドキュメンタリー番組「ホットスポット 最後の楽園」)の会見に出席されたそうですよ。今回福山さんは、旅人としてマダガスカルを訪れたわけですが、なんとマダガスカルで、食あたりになってしまったんだとか!福山さんは自分で、マダガスカルで浮かれてたんでしょう、生の野菜とか、氷を使わずに飲み物を飲んだ方がいいとかわかってたけど、開放的な地で、結構生ものとかを食べてた。でも、マダガスカルのせいじゃない。僕が弱かっただけとコメントされているそうです。今回この番組でナレーションを担当している福山さん自身は、番組の中でブラジルとマダガスカルを訪れているそうです。二つの国を訪れてみて福山sなんの印象に残っているのは、光る蟻塚だそう。ま~不思議な、神秘的な美しさでした感動していた様子です。また、福山さん自身が世界中で34か所あるというホットスポットを「全部回りたい」と話しているそうで、「人が触れてないものは、美しいですよ」とハマってしまっている感じだそうです。この番組、来年1月30日に「マダガスカル」編、2月6日に第2回「ブラジル」編が放送されるそうで、そのあと「ニュージーランド」編、「オーストラリア」編、「アフリカ古代湖」編、「日本」編を毎月1回放送予定なのだとか。早く見てみたいですね~!
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社|報道ニッポン
[PR]
by kokusai-journal | 2010-12-03 23:36
韓流スターのイ・ビョンホンさんといえば、この間は結婚詐欺だと訴えられたりしていましたが、日本では来年1月スタートのフジテレビ系ドラマ「外交官・黒田康作」で日本ドラマに初出演することがわかっているそうですよ~!ビョンホンファンの方は、見逃せませんね~!このドラマで共演することになるのが、日本の誇る俳優、織田裕二さんで、ビョンホンさんは織田裕二さん演じる主人公の黒田と旧知の仲の情報提供者役だそうで、第1話で華麗に登場するそう。もちろん、その後も準レギュラーとして出演していくようですね。初めてのビョンホンさんの撮影は、都内近郊でスタートしたそうで、1話での2人の出会いのシーンなどからの撮影に臨んだのだそう。ビョンホンさん曰く、多くの部分が韓国のドラマ制作と似ていたのだそう。もちろん、北朝鮮の砲撃で韓国の民間人に犠牲者が出ており、韓国の状況を心配しながらも、演技に集中しているそうですよ。また、ビョンホンさんは織田さんと撮影前に会話を交わし、織田さんのことを「ジェントルで一切妥協せず仕事に取り組む方」と信頼しているそうで、また、織田さんもビョンホンさんのことを「『外交官・黒田康作』にまた一人心強い仲間ができました!」と喜んでいたそうですから、仲良くやっていきそうな感じですね~。
現代画報 スポーツ選手は取材の名人? 現代画報社
[PR]
by kokusai-journal | 2010-12-02 22:35