国際ジャーナルを読み解くとある願いが叶うという


by kokusai-journal

<   2011年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

社会保障と税の一体改革を議論する必要性が高まっています。この問題を討議す
る集中検討会議ですが、複数の委員が、消費税率の引き上げは段階的に 行うの
が望ましいという報告をまとめているそうです。社会保障と税の一体改革の議論
は、これから社会保障の財源として消費税率の引き上げに向けた 検討に入る予
定です。税率を引き上げた場合の影響について有識者による議論が進んでいます
が、世論がどのように反応するかも注意するべきでしょ う。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道ニッポンで楽しむ
[PR]
by kokusai-journal | 2011-06-03 09:31
ヒマワリを使って、東京電力福島第一原子力発電所の事故で、周辺の農地から検
出されている放射性物質を取り除く方法が検討されています。ヒマワリ は、土
壌から放射性物質を吸収する性質が報告されていますので、その効果について試
験栽培によって確かめる事になっています。農林水産省では、将 来農業を再開
するために、土壌の放射性物質を取り除く方法にになるかどうかを評価したうえ
で、効果があるとすれば本格的に展開する事になりそうで す。



「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポンとの出会い
[PR]
by kokusai-journal | 2011-06-02 09:36
菅内閣の動向ですが、民主党内からは、総理大臣経験者や代表経験者を含めて、
菅総理大臣がダメだというような発言が増えています。これはどうなん でしょ
うか。もしそうであれば、野党が不信任決議案を提出したときには、民主党員と
して賛成するのでしょうか。東電の問題などもありますが、民主 党として、ど
こまで一つになって内閣を支えていくのかが、今まさに注目されているところで
はないかと思います。その点について考えてみたいと思い ます。



国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルとの巡り合い
[PR]
by kokusai-journal | 2011-06-02 01:16
枝野官房長官が、原子力発電所の事故に伴う東京電力の賠償金の支払いに関連し
ていろいろと発言していますが、その中でも、金融機関が債権放棄を行 わなけ
れば公的資金の投入を行わないこともありうるいうと発言については、関係者の
間で波紋が広がっている様です。これからの東京電力の賠償責任 に対する取組
について、政府及び税金による負担がどこまで必要となるかが焦点となっていま
すが、金融機関の対応については別途検討が必要かもしれ ません。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年7月号のご案内
[PR]
by kokusai-journal | 2011-06-01 01:34